健康情報

2012年7月24日 (火)

男子も子宮頸がんの予防接種

今旅行中なので、これは自動更新です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この前小児科の定期健診に、

うちの息子達を二人まとめて連れて行ったら、

今年からレギュレーションが変わったとかで、

男の子も11才から子宮頸がんの予防接種をするように勧めることになった、

ってお医者さんがおっしゃる。

勿論男性の場合は子宮頸がんのウイルスに感染しても、

子宮頸がんになる心配はありませんけど、

他の病気になることが、まれにあるわけです。

しかし、それよりも、男性にも接種する事によって、

ウイルスが拡がるのを防いで、

女性を子宮頸がんから守るのが主な目的だそうです。

そういう性感染症の話なんで、聞いている時には、

次男君のことは全く考えず、

長男君のことばかり頭にあったんですけど、

お医者さんが、次男君(11才)の方を向いて、

「彼ももうこの予防接種の対象になります。」っておっしゃるので、

私、思わず可笑しくて吹き出してしまいました。ヽ(´▽`)/

だって、うちのあの次男君が、そんなウイルスがうつる様なことをするわけが無い。

それ以上大笑いしそうになるのを我慢し、

一生懸命まじめな顔になるように頑張ってお話を聞きましたけど、

うちの次男君は、お手本にする人がペンギンのベッカムなんですから、

P1050359

まだそんな心配はない!

確かに、アメリカでは、12歳、13歳でSexually activeということが、

驚く位多いのですが、

どうしてこんなに若い年で接種する事を勧めることになったか、という主な理由は、

11才の時に全員接種が義務づけられているある予防接種があるからだそうです。

その予防接種をうつ時に、ついでに勧められるからと。

その時についでにやっておかないと、

その後ずっとお医者さんに行かない人も多いので、その時になったそうです。

しかし、11才で性感染の心配って、、、

私には、というか、うちの子供の場合には出来ない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さあ、今回は困りました。

この予防接種は、巷の評判が悪い。

副作用で亡くなった方のお話も聞くし、

それに絶対にしなくてはいけない物でもない。

お医者さんは、勧めるけれど、親の判断で拒否しても何も困らないのです。

「悪い話を沢山聞くので、調べてみます。今日はしないでください。」

と言って帰ってきましたけど、

どうしたもんでしょう~???

女の子の親でも、断固拒否する人が多いと聞きますし、

やっぱりやらなくてもいいでしょうかね。

悩みます。

コメント大歓迎です。

2012年4月 1日 (日)

お酢の健康効果

日本人て「健康に良い食品」ていうのに弱いですよね。

私も、体に良い物と聞いたら耳がピッと立つのですけど、

もしその情報が間違っていたとしても、後で後悔しないように、

安全な物だけ試してます。

例えば、お酢。お酢は毎日飲んでも体に害が出るようなものではないですもんね。

一日大さじ1~2杯のお酢を摂るだけで、

高血圧、血中脂質(=コレステロール中性脂肪)に効果があり、

020411_graph1http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2002news/020411-00.htmlより転載。)

薬を飲まなくても良くなった、というレポートが沢山あるそうです。

なお、血圧の低い人が飲んでも血圧が下がることはないそうなので、

誰が飲んでも安心です。

肥満気味の人も、お酢を毎日大さじ1杯飲むだけで、お腹周りの脂肪が取れ、

体重が減ります。

それから、カルシウムの多い食品と一緒に飲むと、

カルシウムの吸収を助ける働きがあるそうなので、

この点でも女性にはお勧め。

インターネットでサーチしたら、その関連の記事が沢山ありますが、

ミツカンが研究したデータがここに出ています。

             ↓

http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2002news/020411-00.html

ということで、お酢をジュースや水で薄めて飲むようになった私ですが、

こんな物を買ってきました。

日本食を買うためによく行く、韓国のスーパーで見つけました。

P1050044001

両方とも韓国の果物のお酢。

左のは、飲むためのお酢で、ざくろ酢。

P1050045001

ざくろは、更年期と痴呆症にも良いというので、中年以降の女性に人気。

私も一石二鳥かも、と思ってこれを購入。

P1050046001_2

りんご酢は、ドレッシングなんか作るのに食べやすくて好き。

韓国のお酢は、ブルーベリー酢とか、コーン酢なんかもあって、色々試したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、お酢の摂り方ですが、食事と一緒に、大さじ1~2(データによると、

1杯より2杯の方が効果が高い)杯を必ず毎日、

水やジュースに薄めて、または料理に入れて摂る事。

というのは、お酢の血圧やコレストロールを正常化する効果には

持続性が無いので、毎日飲む必要があります。

また、そのままではなく水やジュースに薄めて、というのは、

酸から歯と胃を守るためです。

そして、食事と一緒に、というのは、カルシウムの吸収を助けるためもそうですが、

糖尿病になる可能性のある人には特に良いようです。

どうしてかは、ミツカンさんのサイトで読んでください。

興味のある方は、この事を書いているウェブサイトが沢山あるので、

読んでみてください。

例えば、このサイト。→http://www.xn--nyqy26a2t3b.jp/100/ent326.html

アメリカ人て、成人病で薬を飲んでいる人が多くて、それが国の医療費の

大きな負担になっているので、このことをアメリカ人が知って、

みんなお酢を飲むようになったら、医療革命になると思うのですが。。。。。

今日は、初めてざくろ酢を飲んでみよう~。

楽しみ~。こんな事が今日の楽しみなんて、今日も地味だ~。

2010年11月28日 (日)

ジュースを飲むだけでアルツハイマー予防

最近体のあちこちに「ガタ」が来ている私。

そろそろ健康管理をきちんとしなければいけない歳なのか??

そんな時に主人の父が送ってくれたのがこの本。
                           ↓

Jkjuiuo_3

まだ私は100歳までには遠いのだけれど、元気に長生きする方法がとても読みやすく書かれていて、中々面白い。

例えば、真っ赤なトマトや青い魚がいいとか、、一日7時間睡眠が一番長生きする、なんていうのは有名な話で私でも知っていたのだけれど、「ムム!」と思ったのは、、、

日系米国人を対象に調べた研究で、果物ジュースか野菜ジュースを週3回以上飲む人の方が、週一回未満の人よりアルツハイマーになるリスクが76%も低下するということ。

これは、果物や野菜に含まれているポリフェノールが原因となっていると考えられ、ジュースにすることによってポリフェノールが更に凝縮される可能性があるだろう、ということ。

週3回一日一杯のジュースを飲むだけでアルツハイマーにかかるのリスクが4分の1になるのですから、これはやったほうがいいでしょう。

丁度サンクスギビングのときにお客様にジュースを4本も頂いたので、ありがたーく毎日頂きます。

そして、ジュースのことで、特筆するべきなのは、ざくろジュースです。
アメリカでは、ざくろジュースは一般的で、スーパーで安価で何種類も売っています。前から「日本じゃ見かけないのに、何だかざくろジュース流行っているなあ。」と思っていたら、この本にこう書いてありましたよ。

「・・・アミロイドβたんぱくが脳に蓄積すると、周辺の脳細胞を殺して、アルツハイマー病が起こると言われています。・・・ざくろジュースを飲ませたマウスでは、脳に沈着するはずの、アミロイドβたんぱくの量(面積)が58%も少なかったのです。」

他のジュースでもアルツハイマーにはいいのですが、ざくろジュースは更に効果がはっきりしているらしいです。

Drfdkiyuy

スーパーで棚に並んでいるザクロジュースのボトルには、脳にいいようなことが書いてあるのですが、今まで飲んだ事がありませんでした。アメリカでは、オレンジジュースとお値段もそう変わらないので、今度からザクロジュースをもっと買おうと思います。

そんなには頑張れない私でも、これなら出来るでしょう~!

もしよろしければ、応援ポチッとお願いいたします。heart04

     ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキング 


2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ