子供

2017年11月 2日 (木)

Family and Friends Weekend④

長男君の大学に訪問して3日目。

また二人でホテルで朝ごはんをして、

ゆっくりチェックアウトした後、

前日に買った食料品などを長男君の寮の部屋へ運びに行った。

飛行機でしか行けない所に息子がいると、

風邪を引いても、母は薬をあげることも、

おかゆを作ってあげることもできないので、

色々買って部屋にストックさせて、少し安心した。


そして、またキャンパスに行って、記念写真を撮って、

ランチには、長男君ご希望のチャイナタウンへ。


Juwiagi

チャイナタウンの横に、ある大学のビルがあって、長男君、

「この大学いいなあ。」って言ってた。

本当に、あそこの大学に通っていたら、食生活が豊かだろうなあ。

Awewaq_2
餃子と小籠包とチャーハン、美味しかった!

この後、長男君を大学の寮に送って、私は空港へ。

一人で帰るのは、寂しかった~。

でも、長男君と二人っきり旅、これが最後かもしれないし、

良い時間でした。

長男君には、卒業式までもう来ない、って言ったけど、

やっぱりまた来ちゃおうかなあ。





2017年10月31日 (火)

Family and Friends Weekend③

大学に長男君に会いに来て2日目、

ホテルで二人で朝ごはんを食べた。

長男君、お腹が空いて仕方がない、ってホテルの朝ごはんも沢山取っていた。

そんな息子に母は色々買っておいてあげないと、

という気持ちがふつふつ沸いて、

まず日用品や薬など買いに、

Targetというアメリカではどこにでもあるお店に連れて行き、

その後は、大学の寮生活で、日本食に飢えている息子のため、

Njkotir
この韓国系スーパーに行き、
Koio
このサトウのご飯みたいな、チンすれば食べられるのを5ダース、
Ftydrs
こんなラーメンを4パック、
その他諸々買ってあげた。
寮の部屋には電子レンジと小さな冷蔵庫があるだけなので、

これ位しか買えないけど。

その後は、日本のパンが大好きな息子のため、


Zesewq
日本人の方が経営している、

こんな素晴らしいベーカリーでランチ。

去年の田舎の何も無い所にある大学と違っ
て、

今年の大学は都会にあるので、美味しい物には困らないけど、

貧乏学生がグルメしている場合ではないので、いいのか、悪いのか?

ランチの後は、スーパーに行って、更に缶詰のスープなど、

寮の部屋にストック出来る食べ物を買ってあげた。

東京と違って、車が無いと買い物もままならないので、

私とレンタカーが有る内に、買い物しまくり。

この後、二人で昨日とは違う美術館へ。


Img_0132
個人の所蔵品なのに、驚くべきコレクションだった。


Mkgdrdrt
中庭が素敵だった。

Bjhg_drsrs
母親と来るより、デートで来たら楽しいだろうねえ。

長男君に彼女が出来るといいな。

この後、ラーメン屋さんに行ったら、大人気で一時間待ち。

シカゴのラーメン屋さんだと、お客さんの半分以上が日本人だけど、

ここは学生の多い町なので、日本人以外の若者グループがほとんどだった。

アメリカのラーメンブーム、すごい事になってます。

2日目終わり。

まだ続く。

2017年10月30日 (月)

Family and Friends Weekend②

前の記事の続きです。


大学のメインキャンパスを歩いてウロウロした後

スポーツ施設の方を見ようと思って、車で行った。

しかし、都会の道は走りにくくて、景色を見ながらぐるぐる迷っている内に、

夕飯の時間に。


Cgdydsrt_2


寮生活で、日本食に飢えている長男君は、

日本食屋さんに行きたいと言い、

大好きなうどんを注文。


Ghyufte


私は、ドラゴンロール等。。。

うなぎと、アボカドとエビの天ぷらが入っているんだったかな?

アメリカ人の好きなお寿司。

この後、ホテルに行って一日目は終わり。


Dfdgdty

本当は大学のホッケーの試合に行こうと思ったけど、

チケットが取れなかった。

狭ーい寮の三人部屋で、普段ゆっくりできていない長男君を

休ませてあげるつもりで、

私と一緒にホテルに泊まらせました。

長男君はわりに良い話相手になってくれるので、

親子でゆっくり寛いで、良い時間でした。

また続きます。

2017年10月29日 (日)

Family and Friends Weekend①

長男君、大学二年から転入して、アメリカ東部の大学に行っています。

去年一年だけ通った大学には、私も入学前から3回も行ったのですが、

今度の大学には一度も行ったことが無かったので、

Family and Friends Weekendというのに一人で行ってきました!

主人は仕事、次男君は学校があって忙しいので、私一人旅。


Img_0088

一人で飛行機乗って、空港でレンタカー借りて、

都会で道にグルグル道に迷いながらも、

やっと大学の近くまでやってきましたが、

せっかくだから、大学で長男君に会う前に、まずは大好きな美術館へ。

Img_0093

鏡を使った無限な世界。これ、本物はすごいですよ。

Img_0095

忘我。

いいよねえ。美術館。

心がすっきり。

美術館で心が豊かになったところで、長男君に会いに、寮へ。


Img_0141
古い街中の大学なので、寮もこんな味のあるビルです。


Img_0144

長男君の建物の向かい側はこんな感じ。

この通りの建物が、全部大学の寮。

ちょっとヨーロッパ調です。

寮を見た後は、キャンパスの中心へ。


Img_0128_1

ビジネス専攻で、日本で言うと、経営経済学部みたいのかな。

上の写真は、ビジネスビルディングの中です。


Img_0130_1

ちょっとキャンパスをうろうろ。

Drtetrdy

歩いていて気が付いたけど、すごくアジア人の多い大学です。

前の大学は、長男君は人種差別を感じたと言うので、

今度は居心地が良くなるかな。

Lkiiuiuyit

グーグルマップでバーチャル旅行をして

どんな所だか大体わかっていたけど、

やっぱり実際に来てみて良かった。

大学の町って、特殊なパワーがあって、面白いです。

長くなったので、続きます。
 

2017年9月 8日 (金)

長男君が転校

長い間更新していませんでしたが、その間に色々ありました。

私は最近すっかりおばさんになって、更年期っぽいです。

長男君は、大学二年になり、次男君は、日本でいうと、高校二年になりました。

長男君ですが、去年晴れて入学した大学は、気に入らず、

二年生からは他の大学に転入しました。

Vfgfuyfgtu

アメリカの大学では、転入は珍しくないです。
Aboutus

長男君は、保守的な生徒が多いのがなじめずに、

もっとリベラルな都会の大学に移りました。

Cgkut

キャンパスの横の川で、大学のボート部が練習しています。

この川のお蔭で景観抜群。

私立なので、親は大変ですが、仕方がない。。。。。

H_125549baystate138


頑張って、良い大学に受かって良かった。


去年一年間は、自分に合わない大学で苦労して、少し成長したようです。

でも、ここでは、ハッピーになるといいな。

Kopio


これから3年間、頑張ってね~!

2016年8月25日 (木)

長男君が大学に行きました

ずっとブログを書いていませんでしたが、自分のための記録です。

長男君が、とうとう大学に行くために、遠く(アメリカ国内)に行きました。
やれやれです!

アメリカで初めて子供を大学に入れるのは、分からないことだらけで、
長い道のりのように感じましたが、
とりあえず入学出来て良かった。
この前、車で長い距離を走り、送ってきました。
Fullsizerender_2

合格した後、ここに入学すると決める前に見学に来たのと、
7月に泊まり込みのオリエンテーションで来たことがあるので、
私とは、3回目の訪問でした。
写真は、大学の中でも一番古い建物でしょう。
ということは、1800年代のもの。
Fullsizerender_6

教室の入っているビルは、新しくて快適な空間が多いです。
Fullsizerender_4

この日は大学はお休みだったので人がいませんが、
この前来た時は、授業のある時だったので、

大学の中どこに行っても学生たちが勉強していました。
アメリカの大学は勉強しないとすぐ落第しますからね。。。

Fullsizerender_7
Hgjfuyce453ryu

広大なキャンパスのどこに行っても、快適に勉強出来る空間があるし、

レストランや豊富なメニューのカフェテリアもあちらこちらにあります。

アメリカの多くの大学がそうであるように、

一年生は自宅が近所でない限り、寮に住まないといけません。

だから、彼らはキャンパスにほぼ24時間いるわけで、

キャンパス中のあちらこちらに散らばって遊びもするし勉強もするから、

キャンパスが居心地良く作られていることはとても大事なのです。

東京の大学みたいに、キャンパスのすぐ外に大きな街があるわけでもなく、

周りは山に囲まれていますしね。

Img_0915

寮の部屋です。狭いし、冷房が無い!

二人部屋で、全く知らないマイケルっていう子と同室。

部屋に冷蔵庫と電子レンジもついています。トイレとシャワーは共同。

この階は、男子のみみたいだったけど、

下の階に行ったら、女の子がシャワーから出てきたばかりの恰好で歩いてた。

うちは男の子だから、そうでもないですが、女の子の親だったら嫌だろうなあ。

でも、私が30年くらい前にニュージャージーの大学に語学研修に

行った時に、もうすでに寮は男女一緒でしたからね。

昔からなんですよね~。

Img_0920_2
寮の外観。
こんなのが、キャンパス内に何棟もあります。
Bhjgyr4w

長男君、ちゃんと授業に出ているだろうか。
4年で卒業出来ますように!💛

2015年5月18日 (月)

2015年4月某日、長男君のサッカーの試合

シカゴ地方は、雪と極寒のため、冬のサッカーはインドアです。

ずっと室内サッカー場でしていた長男君のサッカーですが、

この頃はやっと外になった~!

一時間運転して、試合に行きました。

私はいつもサッカー選手の息子様の運転手です。

Img_0749

背番号95番の、一人だけアジア人なのがうちの長男君です。

この試合は、フォワードでした。

本当はミッドフィールダーなんだけど、ファワード不足なので。
Img_07552

身長が175cmくらいありますけど、やっぱりアメリカ人より一回り小さいです。

この日は4月はといっても、とても寒くて、私はダウンジャケット着用。

選手の皆さんも寒そうでした。

Img_07452

でも、頑張ってました~。3-1で勝利!

息子が走り回っている姿に見惚れて幸せを感じています。
heart04heart04

汗する人って美しいですね。
heart04heart04heart04



2014年4月28日 (月)

サッカー遠征

アメリカでの子育ては、とにかく運転手役で忙しい。

東京だったら、バスや電車に乗って、

子供でも自分でどこでも行けるけど、

広すぎるのもあって、交通機関が足りないアメリカでは、

親がどこでも車で子供を連れていく。

最近ブログを書く元気が無いのも、

長男君がトラベルサッカーチームに入って、

私も運転手で忙しくなったからかも。

このところずっと毎週試合があって、

この前の土曜日は、

遠征試合で、往復4時間の運転だった~。


Img_0475

 

ど田舎の畑の真ん中に、サッカーフィールドが20面。

やっぱりアメリカは広い!

いいお天気で気持ち良かった。

 

Img_0470
本当は長男君はミッドフィールダーなんだけど、

この日は、ディフェンス。

 

Img_0448

 

長男君、サッカーやっている人らしく、最近太ももが太くなってきた。

 

背番号14です。

 

Img_0446

この日はヘッディングを3回もしてた!

 

遠いと試合に全員揃わなくて、人手不足で

負けました。(また)

負けてばっかりですが、

息子の動きが少しずつ良くなっていくのが見れて、

母は楽しかったです。





2014年3月29日 (土)

長男くんの試合

シカゴ地方、やっと氷点下の極寒の日々が終わろうとしております。

それで、長男くんのサッカーの試合が
外でございました。



でもまだ寒いのに夜だったし、
私は4枚重ね着した上に、


毛布にくるまって見てたよ。

走っている息子を見ていると、



とっても幸せ。
家にいる時は、芋虫みたいに
だらしないばかりだからね。

アイフォンで書いたので、
簡単ですがこれにて失礼。

写真もボケててごめんなさいね。

ではまた。^_^

2014年3月 6日 (木)

次男君のコンサート 2014年2月25日

私が毎日あたふたしている内に、

子供たちはいつも間にか13歳と16歳になってしまい、


私はなんとアラフォーじゃなくてアラフィフ(?)に。


ティーネージャーの、それも男子二人ですよ。


ご想像通りの毎日でして、彼らから私に積極的にかけられる言葉は、


「今日のご飯何?」ばかり。(これは夫もだ。)


私の聞くことには返答がなく、「あ。」とか「う。」とか言わない。


最近には学校にボランティアに行こうかなあ、なんて言うと、


「来なくていい。」と断られ、彼らを学校で見ることが全く無くなってしまった。


こんななので、次男君のバンドコンサートは、毎回楽しみにしている。
Img_0426
しかし、次男君、レンタルしているトロンボーンを乱暴に扱ってボコボコにし、


楽器屋さんのおじさんに親子ともども叱られたばかりだというのに、


コンサート会場でも、杖みたいに床について歩いているのを見て、


私、汗たらたら。


普段持ち運ぶ時はケースに入っているので、知らなかったけど、


きっと学校ではいつもああやってトロンボーンを粗末に扱っているんだろう、


と思って、慌ててよく見たら、


この前直してもらったばかりのトロンボーンは、数か所へこんでいました。


ああ、楽器屋さんに今度トロンボーンを持っていくときが怖い。


あの楽器屋さんのおじさんに、向ける顔がありません。


それに、物を大切に扱うこととか、

自分の使わせてもらっている楽器を大事に思う気持ちとか、


私は話したけれど、彼にはどうやら分かっていなかった、と思ってがっくり。
Img_0421_640x335_2

親の管理能力を問われる、大ピンチなのに、

本人の次男君、いくら叱っても、全くわれ関さず。

もう少し成長してください。







より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ