« ナイアガラ・ワシントンDC旅行4 | トップページ | ナイアガラ・ワシントンDC旅行 6 »

2014年8月21日 (木)

ナイアガラ・ワシントンDC旅行5

旅行6日目、8月13日。

私は前の日から足の調子が悪かったので、

夫と息子達と一緒に歩き回る自信が無く、別行動を取ることにした。

夫と息子達は、スミソニアンの自然史博物館とホワイトハウスに行き、

私は、ホテルの近くのスミソニアンのNational Gallery of Artに。



Bjhkjhji_2

Ppo5Ppo6

この絵、黒い方がうちの犬に似ていたので、気にいった!

Ppo7
このモネの絵ばかりの部屋、独り占め。

これがアメリカの美術館の良い所。

東京だったら、ここに100人位いるもんね。

スミソニアンなので、ここも入場無料だというのに、

いつ来ても空いている。

Ppo8
ルーアン大聖堂の連作。

同じ物が違う時間帯によってそれぞれ違う特徴で表されている。

Ppp_4

レンブラントの自画像。

Ppp3
この部屋では、模写をしている方と二人きり。

夏休みで、混んでいるのに、この贅沢さ。

この後、子供の団体が先生と入ってきて、

「うわ~、本物と同じだあ!」などと大きな声で叫んでいて、

何だか可愛かった。



Pppw2
Pppw3
フェルメール。

フェルメールの絵にはいつも吸いこまれそうになる。

至福。
heart04



Fyfuytui_2
足が痛かったので、3時間ほど見てホテルへ帰りました。

本当は、ここに1日いたかった。

Ppo2
歩いていると、右にワシントンモニュメント、

Ppo3
左にCapital (連邦議会)、


と、オノボリサンには最高のホテルへの帰り道。

美術館に家族で行くと、いつも家族に合わせてゆっくり見られないので、

一人美術館、とっても楽しめました。

お昼すぎにホテルで家族と落ち合って、

家族と一緒に、近くの町に住む、夫の従妹の家へディナーへ。

夫の従妹の家に、その従妹の妹さん、つまり夫のもう一人の従妹とその二人の

お嬢ちゃんが日本から遊びに来ているというので、

それもあって、皆に会いに行ったのでした。

皆さんに会えて、とても嬉しかったです。どうもありがとうございました。

帰り道、夫はお酒を飲んでしまったので、

私がホテルまでほぼずっとハイウェイを運転したのですが、

夜でもDCの周りは車が思ったより減らず、

ナビがあっても都会は道が難しくて、私は非常に怖い思いを致しました。

無事にホテルに帰れて良かったです。

旅行の6日目終わり。





« ナイアガラ・ワシントンDC旅行4 | トップページ | ナイアガラ・ワシントンDC旅行 6 »

2014 ナイアガラ・ワシントンDC旅行」カテゴリの記事

コメント

美術館、私はあまり人と行くのが好きではないのですが(眺める時間がそれぞ違うかなとおもったり)一人だとそれはそれで寂しいような(おい、どっちなんだい!!)
夫が好きなので、美術館の入場券プレゼントに応募しては当選を勝ち取り、時々行きます。入場料、高いのよね、日本。交通費も高い!
それにしても、とても知的で、すばらしい旅ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/57151246

この記事へのトラックバック一覧です: ナイアガラ・ワシントンDC旅行5:

« ナイアガラ・ワシントンDC旅行4 | トップページ | ナイアガラ・ワシントンDC旅行 6 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ