« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

長男くんの試合

シカゴ地方、やっと氷点下の極寒の日々が終わろうとしております。

それで、長男くんのサッカーの試合が
外でございました。



でもまだ寒いのに夜だったし、
私は4枚重ね着した上に、


毛布にくるまって見てたよ。

走っている息子を見ていると、



とっても幸せ。
家にいる時は、芋虫みたいに
だらしないばかりだからね。

アイフォンで書いたので、
簡単ですがこれにて失礼。

写真もボケててごめんなさいね。

ではまた。^_^

2014年3月 6日 (木)

北京ダック

ある日、「北京ダックを食べに行きたいなあ。」と思っていたら、

夫が、「北京ダック食べに行かない?」と言った~!

お寿司とか、ラーメンとかならそういうこともあるけど、

同じ日に北京ダックを食べたくなるなんて、

もう私たち、ほとんど双子。

それで、驚いていたら、二か月後、

「煉瓦亭のお寿司が食べたい。」と思っていたら、


夫が、「バレンタインだから、煉瓦亭に行こうか。」と言った。


もう、こうなると気持ち悪い。


それで、気味が悪すぎるので夫にも誰にもまだ言っていない。


最近は、夫が、「あれがさ~」と言えば、「あれ」が何かピン!とくるし、



やっぱり長く夫婦していると、レベルアップしてくるね。
Klkpopoi_2
               (写真はウェブサイトからお借りしました。)
さて、北京ダックに戻りますが、大雪で伸び伸びになり、


先週やっとのこさ食べに行ってまいりました。


Images
美味しかったです~。


お客さんの前でダックを切り分けてくれて、楽しいですよ。
Sun Wah BBQ   5039 N Broadway • Chicago • IL • 60640

773-769-1254

http://sunwahbbq.com
場所は、シカゴ北部です。
いつも混んでいる人気店で、北京ダックは予約をしていくと安心です。

次男君のコンサート 2014年2月25日

私が毎日あたふたしている内に、

子供たちはいつも間にか13歳と16歳になってしまい、


私はなんとアラフォーじゃなくてアラフィフ(?)に。


ティーネージャーの、それも男子二人ですよ。


ご想像通りの毎日でして、彼らから私に積極的にかけられる言葉は、


「今日のご飯何?」ばかり。(これは夫もだ。)


私の聞くことには返答がなく、「あ。」とか「う。」とか言わない。


最近には学校にボランティアに行こうかなあ、なんて言うと、


「来なくていい。」と断られ、彼らを学校で見ることが全く無くなってしまった。


こんななので、次男君のバンドコンサートは、毎回楽しみにしている。
Img_0426
しかし、次男君、レンタルしているトロンボーンを乱暴に扱ってボコボコにし、


楽器屋さんのおじさんに親子ともども叱られたばかりだというのに、


コンサート会場でも、杖みたいに床について歩いているのを見て、


私、汗たらたら。


普段持ち運ぶ時はケースに入っているので、知らなかったけど、


きっと学校ではいつもああやってトロンボーンを粗末に扱っているんだろう、


と思って、慌ててよく見たら、


この前直してもらったばかりのトロンボーンは、数か所へこんでいました。


ああ、楽器屋さんに今度トロンボーンを持っていくときが怖い。


あの楽器屋さんのおじさんに、向ける顔がありません。


それに、物を大切に扱うこととか、

自分の使わせてもらっている楽器を大事に思う気持ちとか、


私は話したけれど、彼にはどうやら分かっていなかった、と思ってがっくり。
Img_0421_640x335_2

親の管理能力を問われる、大ピンチなのに、

本人の次男君、いくら叱っても、全くわれ関さず。

もう少し成長してください。







2014年3月 3日 (月)

バレンタインデー

なんだかブログを書く気が出なくって、

今頃バレンタインのお話でございます。

アメリカのバレンタインは、どちらかというと男性の方が

女性にプレゼントをするのですが、

今年は、夫にお食事に連れて行ってもらいました。

Images

お寿司は美味しいですねえ。

嬉しかったです。heart04

Img_0418_360x640
そして、長男君からは、チョコレート。

わざわざ友達と一緒に買いにいったみたい。

これもうれしかったなあ。

長男くんは、ティーネージャーの勝手気ままさで、

私はいつも振り回されていて怒ってばかりなんですけど、

良い所も沢山あって、だーい好きです。heart04

この前も、サッカーの帰りの車の中で、

「(いつも運転手してくれて)ありがとう。」

って急に言ってくれて、とっても嬉しかった。

ああ、分かってくれているんだなあ、と思って。

長男君のサッカーの練習は、冬の間はインドアなので、

早い時間には場所が取れなくて、遅くにやるのですが、


終わって家に帰ってくると
夜の11時で、


付き合う私は正直言ってとってもきついのです。

おまけにシカゴですからね。寒くて寒くて、夜出かけると体が冷えてしまって、

シャワーで温まってからじゃないと眠れないくらいだし。

強風だったり、雪だったりで、高速を運転するのも怖いしね。

でも、子供のためですからね。

必死で頑張りますよ!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ