« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月19日 (火)

uniqueな次男君

なんと、うちの次男君はこの前13歳になった。

それで、次男君のことでも書きたくなって久しぶりに更新。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちの次男君は、ユニークな子だ。

あれ?今書いていて分からなくなった。

私の思っている「ユニーク」っていう言葉は、

日本でも同じ意味だったろうか。違った気がする。

英語でuniqueという時は、

「他にはない、唯一の」とかいう意味で、

ちょっと他とは違って面白い物を示す時に使う。

「世界に一つしかない花」は、「a unique flower」に近い。

しかし、日本では、「ユニーク」という時、違う意味だった気がする。

不思議な位思い出せないけれど、確か、

「変わっている」とか、そんな意味じゃなかっただろうか。

アメリカに20年近くも住んでいるので、

時々こんなことで考え込んでしまう。

誰か正解を教えてください。

あ、そうだ。話がそれてしまったけれど、

次男君のこと。

彼は、uniqueな人だ。

人とちょっと違っている所があり、相当私にとっては面白い。

色々な所でそう感じるけれど、

今日そう思ったことは、彼の言ったこと。

今日、私が夕飯に作った牛肉の煮物が

昔食べた「鯨の大和煮」の味に似ていたので、

「ママが子供のときは、たまに鯨を食べたんだよ~。」と話したら、

次男君は、

「鯨は人間が殺そうとしてから3時間も苦しんでから死ぬんだって知っている?」

と言いだし、そこから

「鯨は賢いから食用にするべきではない。」と言い始め、

ではいつも食べている牛は賢くないのか、という話になり、

そこからの発想で、次男君は、

「豚は動物の中で4番目に賢い動物だって知っている?」と言い、

「一番は猿、二番がいるか、三番が犬、四番が豚で、猫はもっと下。」

と教えてくれた。

「豚はそんなに賢いのに食べている。これはどうするべきか。」

というのが、我が家の悩みになって夕飯は終わったのだった。

彼は、動物と科学のことについて、驚くほど細かい事をよく知っていて、

「何でそんなこと知っているんだ?」という話をよくする。

学校の話や友達の話なんか全然話そうとはしないくせに、

どの動物はどこに住んでいるとか、

何とかっていう植物にはこんな毒があって、とか、

そういうことになると驚くほど詳しく説明してくれる。

う~ん、ここまで書いてみて、

次男君のuniqueさをあまり上手く表現できていないけれど、

それは私の老化した頭が、

以前彼が発言したもっと分かりやすい例を思い出せないせいで、

とにかく、彼の口から出ることは、いつもとても面白い。

そして、この記憶力の良さが、勉強にはあまり使われない所も、

更に面白い。

ただの秀才ではなく、バランスの悪い所があるのが、

またなんとも面白いのだ。

彼がuniqueになったのは、私がそういう人が好きだからなのか、

生まれつきなのかよく分からない。

私もちょっとuniqueな子供だったけど、

今は日本の一億横並びが好きな文化に鍛えられて

随分と平均化してしまった。

私は、それをいいところも悪い所もあると思っているので、

次男君を平均化することにはあまり熱心ではない。

社会のルールは勿論守らなくてはいけないし、

他の人を傷つけてはいけないけれど、

人は、それぞれ違って良いのだし、

他の人と同じでないといけない、なんて間違っても思って欲しくない。

そんな育て方のせいで、彼はuniqueになったのか、

それとも、私の遺伝子なのか。。。

とにかく、自分の子が、どこにでもいそうなただの良い子ではなくて、とても嬉しい。

ああ、こんな事を書くと、「やっぱりこの人変わっている。」と

また誰かに言われるだろう。

でも、またそれも面白い。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ