« 次男君のバンドコンサート2013年5月 | トップページ | 次男君の算数 »

2013年6月 5日 (水)

長男君の初めてのお仕事

うちの長男君、今日期末試験が終わりました。

これで、私の胃もしばらくは痛くなくなるでしょう。

やった~!

アメリカの高校って、本当に勉強が大変で、

親もとっても疲れたのですが、やっと夏休みでゆっくりできます!

長男君の学校は、クラスがそれぞれ3レベルに分かれていて、

一番下のクラスが、決してレベルの低いクラスではなくて、

「普通」のクラス、真ん中がhonors、一番上がhigh honorsのクラスとなっています。

この一番上のクラスは、真ん中のクラスの何倍も宿題が多く、

課題もとてもレベルが高い。

科目によっては、9年生にして、日本なら大学生のレベルだろう、

ということをやっています。

こんなのを取ってしまったら、毎日宿題の海で溺れるような日々が。。。

長男君は、溺れてアップアップの一年間でした。

アメリカは高校4年間の成績が全部大学の入学に関わるので、

4年間ずっと気が抜けません。(早く合格してしまえば、3年数ヶ月です。)

勉強が大変なこの一年間、彼なりに頑張りました。

ゲームとフェイスブックやめたら、もっとがんばれたとおもうけどね。

お疲れ様でした。(と、付き合っていた自分にも言ってあげたい。)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

もう一ケ月位経ちますが、

長男君15歳、生まれて初めて働いています。

実は、この仕事は長男君にぴったり、と思って、

私があっせんしたのですが、

町の子供のサッカーゲームの審判をやっています。

まだ15歳だからか、高校生だからか分かりませんが、

学校経由で「Work Permit」(就業許可書)をもらいました。

201306004
      長男君身長168cmくらいあります。左に写っている男性が巨人なので、小さく見えます。

新人なので、いつも一番小さい子チーム担当。

団子になって全員でボールを取り合っているだけの

ちびちゃん達を見ているだけですが、時給12ドル50セント。

給料泥棒のようです。

201306005     近所の公園なので、息子の働いている所を盗み撮りしに行きました。望遠で隠れて撮りました。

     ストーカーと息子に言われますが、他に楽しみが無いのよ。放っといて。

 

お金を貯めて、自分のコンピューターを買って、好きなようにゲームしたいそうです。

働いて自分のお金をもらってみて、とてもうれしかったらしいので、

これからも「働くこと=素晴らしいこと」と思えるかな、

と側にいると感じられて、とても良かったです。

彼の人間としての成長のために、

外にでて何か新しいことをして世界を拡げて欲しくて、

やってみたら、と勧めてみたお仕事ですが、

大学の入学のためのアプリケーションに、仕事の経験は書けるので、

そういう意味でも役に立って一石二鳥でした。

サッカーは春と秋の土曜日だけ、6週間ずつあるだけなので、

負担にもならないし、

高校4年間ずっと続けてくれたらいいな、と母は一人で祈っております。

何でも続けることを覚えて欲しいのですよね。

201306006

« 次男君のバンドコンサート2013年5月 | トップページ | 次男君の算数 »

子供」カテゴリの記事

コメント

大学受験は日本も内申点は重要なので3年間、みんな、死にもの狂いで内申点稼ぎしていますよ。

アメリカの大學受験の方が楽と言われるのはセンター試験のような1発勝負のテストでなく、一番良いスコアの提出ができるACTやSATだからだと思います。

日本では塾頼りの大学受験になることが多いようですね。
アメリカだとAPクラスに行くと大変なようですね。
うちの娘はAPは1教科しかなかったので、宿題も楽でした。

帰国子女枠受験を選べる子供たちは赴任地では大変かもしれませんが、選択肢が広がるという意味では苦労した分、報われるかんじがします。
(日本では帰国子女枠受験ができて楽でいいわね!と言われることは多いです。腹立つのは赴任経験がある人に言われること。補習校、塾、家庭教師と赴任中にお金と時間をかけてしっかり勉強して帰国子女受験に臨んでいるのです。SATやTOEFLにもお金がかかっていますよね。)

でも、アメリカの方がGPA以外のスポーツとかボランティア(授業で必修だった)とか大変そうですね。
ま、日本も部活動の成績は大学受験を優位にしますし英検などの資格試験も受験を優位にしますから内申以外も大変です。

ま、日米ともに大学受験は大変。
アメリカには高校受験がないことだけはうれしい。

大学受験を見据えて、真面目にフレッシュマンからがんばる長男君は偉いです!うちには将来を考えられない、その場限りなかんじで生活している息子とふわふわした娘しかいないわ。

ボランティアにせよ、バイトにせよ、他人(大人)と関わり、社会を垣間見て社会人のような経験をすることができるのはよいですね。アメリカはそういう面が発達していますよね。お勉強ができる子はTAになれるとかね。


あんじぇりかさんへお返事

コメントありがとうございました。
なんだか、驚いたわ。
私は、日本にずっといないものですから、大学受験の情報が
自分の時のままですからね。
どうもすみません!古すぎますよね~。
自分の子が日本の大学にいく可能性0なものですから、
アンテナが無いのです。
私の時は、学校なんか来ないような同級生が早稲田や東大に入っていましたし、内申書なんか参考程度、っていう感じだったんですよね。
推薦で大学に入る人は違いましたけど。
今は、日本も似たような感じなんですね。
よく大学生が就職活動が大変だって話は聞くんですけど、
いまどきは高校生も苦労しますね~。
親御さんたちもご苦労さまですね。

ところで、うちの長男君はほんとうにボーっとのんきにしていますよ。
大学に入れたら、奇跡のような毎日ですよ。
最初は、親は口出しせず、突き放して苦労して自分で生きていく道を
覚えて欲しい、と思って放任主義でしたが、
それをしていたら、おそろしいことが起こるようになってしまいました、
ちょうどいい頃合が難しいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/51927010

この記事へのトラックバック一覧です: 長男君の初めてのお仕事:

« 次男君のバンドコンサート2013年5月 | トップページ | 次男君の算数 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ