« 塩麹 | トップページ | 2012 サンクスギビングデイ »

2012年11月21日 (水)

パラノーヤとお誕生日ケーキ

うちの長男君のハイスクールに「パラノーヤ」というおかしな伝統があります。

それは、友達同士でチームを作って、「ナーフガン」っていうおもちゃの銃で

撃ち合いをし、優勝したら1000ドルもらえるというもの。

P1050919

                      これがナーフガン。

それが、どうやら2,3ヶ月続くらしい。

うちの長男君は、チーム編成のために友達10人ともめてもめて大騒ぎし、

いざ戦いが始まったら、朝の6時から敵の家の陰に隠れて奇襲攻撃をかけ、

放課後には敵から逃げ回って町中駆けずり回っている、という日々。:

家の中にいても、カーテンの陰から敵がその辺りにいないか見て

落ち着かず、家から外に出る時は、周囲に目を走らせ、

襲われないように細心の注意を払っている。

昨日の夜は、女の子のチームがうちにやって来て、チャイムを鳴らしましたが、

長男君の指示で無視。

それでも家の周りで30分以上うろうろしていましたねえ。

それにしても、若い女の子達が、真っ暗なのにおもちゃの銃を持って

茂みに潜んでいるし。。。

長男君の学年は、まだ15歳か14歳なので、そんな遠征にも、

親が車で連れてきているわけで、どこか近くで親が車の中で待っているんですよね~。

ご苦労なことです。

長男君の高校は、一学年1000人もいるマンモス学校で、

(全員が参加する訳じゃないけど)

おまけに「パラノーヤ」は一年生だけではなく、全学年でやるらしい。

つまり、この辺りには、ナーフガンを持ってあちこちで隠れていたり

走って逃げていたりする高校生があふれているというわけ。

こんな毎日だから、私まで家を出る時とか、

外から家に帰ってきたときに、そこらへんに誰か隠れていないか

見回してしまう。

何だか、町中変なことになっています。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

この前、次男君が12歳になりました。

お誕生日当日は、夫と私の二人がお腹の風邪で倒れていて、

数日遅れで作ったケーキ。

P1050921

デコレーションが上手くできなかったけど、美味しかった~!

これを作ると息子達の食い付きが良くて、見ていて気持ちいいです。

うちの息子達、アメリカ生まれですけど、私の作るケーキが好きで、

アメリカの甘いだけのケーキが食べられません。

将来困るかもね。

では、また~。

« 塩麹 | トップページ | 2012 サンクスギビングデイ »

子供」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/47790282

この記事へのトラックバック一覧です: パラノーヤとお誕生日ケーキ:

« 塩麹 | トップページ | 2012 サンクスギビングデイ »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ