« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

新学期母の迷いと”Gifted Hands"

こんにちは。

息子たちの夏休み終わりました~。

先週の水曜日から長男君のハイスクールが始まり、

今週の月曜日から次男君のミドルスクールが始まりました。

初日の登校の仕方が、二人の性格を表していましたよ。

次男君はいつもの通り、学校で一番に着くくらいに早く家を出て、

サッサと歩いていきました。

「学校大嫌い~!」と言っている割には、

ほうっといても毎朝ちゃんと支度して絶対遅刻しないので、安心。

一方長男君は、いつもぎりぎりまで動かないし、

「早くしなさ~い!」と言わないと本当に遅刻するので、

私は気が気でない。

長男君は、今年ハイスクールに入り、

通学はスクールバスよりずっと安く定期券が買えるので、

路線バスですることにしたんですけど、

やっぱり母の予想通り、初日は、乗り遅れてしまいました。

あれだけ、「乗り遅れても絶対に車で送って行ってあげないからね!」って

言っておいたのに。。。

でも、最初から遅刻して、大切な事を聞き逃したりしたら後が大変なので、

仕方ないから車で送っていきましたけどね。

長男君って、のんきっていうのか、なんていうのか、

念のために5分早めにバス停に行くという用心深さがない。

こういう子なので、今までも色々失敗してきているし、

したくないけどあれこれ心配してしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男君はこんな様子ですし、次男君は他に心配な事があるし、

毎年子供たちが新しい学年になると母も落ち着かないんですよね。

子供達のことが頼りなく思えてしまったり、

彼らが自分達の持っている能力を活かして、

いつかしら自分の力でしっかりと世を渡っていける、ということを

信じたいのに、つい「あんなんで大丈夫だろうか。」という気持ちがでてしまう。

でも、私が信じてあげなくて、

誰が彼らのことを信じてあげられるんでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな時期に、タイムリーに見つけたこの映画がとても良かった。


「Gifed Hands」

Asdfghj_4

実在の人物、ベン・カーソン医師の伝記物語。実話です。

彼は、脳神経外科医であり、初めて後頭部でつながれたシャム双生児

の分離手術に成功したことで有名な、アメリカでは非常に著名な医師です。

題名のように、才能に恵まれた人だけれど、

決して最初から苦労なしで育ったわけではない。

文盲の母の手一つで育てられ、小学校の時はクラスでも最低の成績で

いつも同級生にからかわれていて、

「僕は馬鹿だから。」とすぐに言うような子供だった。

それでもお母さんは、「ちがう!お前は頭の良い子よ!」と言って、

あきらめなかった。

そしてある日、お母さんから、図書館に通って、読んだ本の感想文を必ず書くように、

と言い渡される。

その頃からベンは読書が好きになり、

努力して勉強し、イェ-ル大学に入る。

しかし、イェールでの成績はふるわず、

ミシガン大学の医学部では、退学寸前の成績になる。

しかし、そこでもあきらめずに独自の勉強法で乗り越えて卒業し、

アメリカでもトップのジョンズホプキンス大学医学部の医局に入るのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベンは、元々は、どこにでもいる普通の子供でした。

そのベンを変えたのは、母の励ましとその後姿。

ベンがつまずく度に、

「ベンのしたいと思うことは何でも出来るのよ。ただ、他の人よりも

もっとうまく出来るわよ。」と言い続け、ベンを信じ、

メイドをして働いてベンとベンのお兄さんを育てた母の存在によって、

ベンは医学の歴史を変えるような医師に成長していく。

母というのは、このお母さんのようでなくてはいけない。

可能性の少ない事でも、可能性があるうちは子供のために祈り、信じて、

ゆるぎなく、子供を支えながら励ましていく。

今の私にとって、とてもいい励ましになる話でした。

Yioupoi

原作の本の表紙には、ご本人の大きな写真が。

カーソン医師は、とても人格的にも優れていることで有名ですが、

本当に優しい目をしていらっしゃいます。

うちの息子達は、別にこんな偉い人にならなくてもいいから、

こういう目の人になって欲しいもんだ。

ちなみに、もし見てみたい、という方がいらしたら、

この映画は図書館にあったんですけど、

普通の劇場公開されたものの棚ではなく、テレビ映画のコーナーにありました。

アメリカのどこの図書館にでもあるものではないかもしれないけれど、

本なら絶対あるでしょう。

是非。

2012年8月22日 (水)

ヤンキースのイチローさん

観に行ってきましたよ。

ニューヨークヤンキース VS シカゴソックス。

毎年イチローさん見たさに行っていた野球観戦ですが、

イチローさんが移籍したので、今年は対戦相手がマリナーズから

ヤンキースに変わりました。

イチローさんを観に行くのは、これで4回目かなあ。

我が家の年行事になった。

P1050680


平日なので、夫は職場から電車で直接来て待ち合わせ。

それで、私が家から運転したんだけど、この日は特に混んでいて、

夜中なら30分の距離が2時間近くかかってしまいました。

やっと着いたらほっとした~!

P1050681001               バッターボックスにイチローさん

しかし、道が混んでいたせいで、今年はサインをもらう時間までに着けなくて、

次男君と私はがっかり。

あ、イチローさんのサインなんて勿論もらえないですよ。

次男君としては、誰でもいいからサインをもらうことが

楽しいだけ。

私はその様子を見ているのが楽しいだけ。

P1050684001
イチローさん、ヤンキースのユニフォームでも、マリナーズのユニフォームでも

オンナジだな。いつもかっこいい。

P1050697001

P1050701001


P1050721001
                習慣の、守備の合間の屈伸運動。
P1050724

イチローさんて、じっとしていない人、

かつ、その場面ごとに動き方が決まっている人なんですけど、

これは、ピッチャー交替の時に外野手が必ず集まる時に、

ストッキングを直す様子。

ピッチャー交替が5回くらいあったかなあ。

そのうち、ストッキングを直さなかったのは一回だけで、

必ず下まで下ろして整える。

バッターボックスに入る前も、入った後も、ヒットをうった後も、

守備の時も、どっか触ったり、体操したり、決まった動作をする。

あんなにじっとしていない人っていない。

でも、動作はいつも決まっているので、見ていると予想を裏切らないので

なんかほっとする。

「ああ、今年も変わらず屈伸しているなあ。」とかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合は、両チームともよく打って、点が多く入って面白かった~。


私の場合、どっちが勝っても楽しいから、

ずっと拍手しっぱなし。

P1050723

段々皆さん酔っ払ってきて、盛り上がってましたよ~。

私はお酒は飲めないので、おにぎりとみかん食べてました。

ハハハ。私のとこだけ日本みたいだった。

チケットですが、stubhub.comで買いました。

大リーグのオフィシャルサイトよりも安いですよ。

では、皆さんお元気で~。

2012年8月18日 (土)

ああ~、夏休み~。 &夫のお誕生日。

こんにちは。

アメリカの夏休み、長いです。

サマースクールもキャンプも7月で終わってしまったので、子供たちがだらしない。

宿題も無いし、学校のプールも無いし、

放って置いたら子供たちは一日中テレビを見てるだけだったりする。

こんな毎日だと、親の方がイライラしてきます。

私って、自分はだらだらしているのに、自分の子がだらだらしていると

何だか焦ってくる!

「似ないで~!」って思ってしまう。

最近ね、子供達が、時間があるとコンピューターゲームばかりしたがるので、

「運動したらね!」と言ったら、

毎日うちにあるトレッドミルにのってます。

暑いから、バスケットやったりするより、室内で出来るトレッドミルが楽だからね。

ああ、トレッドミルっていうのは、こういうのね。

        downwardright

Ouyrs

朝から二人で交替でトレッドミルを2回位するかなあ。

それで何となく私の気分が落ち着きます。

他には、犬の散歩とかさせたり、お手伝いさせたり。

本は好きでよく読むのでいいのですけど、読むのは英語だけで、

日本語が怪しすぎるので、日本語のビデオを皆で見たり。。。

お兄ちゃんの学校がようやく来週から始まるので、

とっても楽しみ!

だらだらしていないで、早く勉強して欲しい!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

さて、この前、夫のお誕生日でした。

それで、煉瓦亭さんへ行ってきました。

P1050657


前菜の平目の梅香揚げ。お酒にあいそう~!

これは、真似して作ってみたい。

平目に梅肉としそをはさんで、海苔で巻いて、

かりっとした天ぷらにしたらいいとおもう。

P1050659
長男君の天ぷら。カリッカリです。

美味しいから、ちゃんと全部食べました。

P1050660_2

夫の鮭親子丼。

アメリカでこのいくらの量!

いくらキラキラ☆~!贅沢~!

P1050661

私の穴子。

口の中で溶けて、「幸せ~!」と心の中で叫ぶ。

P1050662
次男君の煉瓦亭ステーキセット。

食べきれる訳無いので、私とシェア~。

このステーキの和風のたれが美味しいし、

付いてくる物が全部プロの味なの。

おしんこまで大満足味。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここは、アメリカ人向けではなく、日本人が満足する味の物を

丁寧に作るレストランです。お近くの人は一度お試しあれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も無事にお誕生日が祝えて、本当にそれだけで幸せなのに、

こんなに美味しい物が食べられて最高でした。

また一緒に元気で一年頑張りましょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

煉瓦亭

3956 W Touhy Ave
(at Touhy Ave & Crawford Ave)
Lincolnwood, IL 60712
(847) 675-5177

http://www.yelp.com/biz/renga-tei-lincolnwood

2012年8月14日 (火)

揚げないメンチカツ

ここ何年かは、レシピはもっぱらクックパッドにお世話になっています。

私は、買い物に行って、その時にセールになっている物を買ってきて

その食材を中心に料理をするので、

例えば「鶏もも肉 きゃべつ」と、いうように、食材で検索したら

何百、何千ものレシピをぱっと見られるのが便利で嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前、また素晴らしいレシピをクックパッドで見つけました!

味はメンチカツなのに、揚げないでまとめてオーブンで焼いちゃう。

うちの健康志向の夫と、アメリカンサイズになりたくない私、

なるべくカロリーオフの食事にしているので、

メンチカツなんて、普通なら絶対作らないのですが、

本当は大好きなんです~。

それに、メンチカツって作るのがちょっと面倒ですよね。

でも、これなら一つずつ丸めなくてもいいし、小麦粉付けて、卵付けて、パン粉付けて、

油で揚げる、というのも無し!

まとめてオーブンで焼くだけの簡単さで、味は正にメンチカツ。

我が家で殿堂入り決定ですheart04

P1050640
健康のためと、キッチンを汚したくないとので、

全く揚げ物をしない、というお友達がちらほらいるのですけど、

彼女達もきっとこれは大喜びするでしょう。

アメリカ人も絶対に好きな味だし、

オーブン料理の多いアメリカで作るのに最高なんじゃない?

P1050642

レシピはこちら。
   

Cpicon 丸めずまとめて焼いちゃったメンチ♡ by ゆみ‘sカフェ

食べていたら、大学の時に学食でよく食べていたスコッチエッグの味を

思い出しました。

スコッチエッグだから、中に卵が丸ごと入っていたけど、味は似ているからね。

うちの大学の学食で一番美味しかったのが、スコッチエッグだったんですよね。

うちの息子達は、ゆで卵が好きではないので、

スコッチエッグを作ったことが無いですが、

何だか食べてみたくなりました。

食べたら、あの頃の気持ちが蘇ってきそうな、

マジックがかかりそうな、そんな食べ物なんですね、私にとって。

もし、「私も学食でよくスコッチエッグを食べた!」という40代の方が

いらしたら、同窓生かもしれませんね。

村上春樹の「ノルウェイの森」が生協で山積みになっていた時代、

スコッチエッグを食べつつ、宿題に埋もれて暮らしていたなあ~。

(宿題の恐ろしく多い学校だったんです。)

おおっと、ずれてるずれてる。

今、一人でセピア色に染まっていました。

現代に戻って、今日こそ子供たちを何とかしなくちゃ、です。

放っとくとゴロゴロしているだけなんで~。

では、今日も素敵な事が起こりますように。

2012年8月 6日 (月)

フロリダキイズ旅行6日目

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

こんにちは。

フロリダキイズ旅行記もこれで終わりです。

旅行もこの日で最終日、

Key Largoを後にして、フォートローダーデール空港へ向かっていたら、

Krispy Kreamのお店を見つけた!

ナッシュビルに住んでいる時は、いつもお店で揚げたてを食べていた私達、

シカゴに引っ越してからはスーパーで箱入りが買えるけれど、

やっぱり全然違うので、ずっとお店に行きたかったんだ~。

P1050626


美味しそう~!シカゴ地方には、あちこちにダンキンドーナッツがあるけれど、

絶対にクリスピークリームの方が美味しい!

P1050629

久しぶり~!揚げたてさん達。

お味は、やっぱりスーパーの箱入りよりも、美味しかった。

とはいっても、とっても甘いので、私は「Original Grazed」(写真上)

をコーヒーと一緒に一個だけしか食べられません。

アイシングやクリーム付きは、うちでは子供用です。

P1050627

ハッピーです☆

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

昼食は、Maido Japanese Restaurantへ。

http://www.yelp.com/biz/maido-japanese-restaurant-miami

ここも、Yelp で4,、5スターだったので行った。

すごい繁盛していましたよ。メニューが豊富で、近所だったら通いたい。

P1050630_2

私が頂いたシーバスの西京漬け。

幸せheart04


この後モールで時間を潰して、飛行機に乗り、シカゴに帰って来ました。

家に帰っても、サシーとベン(うちの犬たち)がいなかったから、

さびしかったなあ。

翌日にケネルにお迎えに行きましたけど、会えて嬉しかった~。heart04


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

おまけ。

フロリダキイズは、アートがあふれていて、

保守的なシカゴ地方とは大違い。

例えば、郵便受け。

デザイン物が多くて、見ていて楽しい。

Ertyuuybuyi
ロブスター。

Ftflhlhii_5
貝。

Dtuh_3
アンクルサム。

Frtl
フラミンゴ。

Lkjftkjl_3
いるか。

Njhjgfdrt
マナティー。



Kjdhjkl_2
ドレスアップしたマナティー。

Lkjhgfghjkl
家と郵便受けが同じデザイン。

Oiuytrdvbnm
お魚。






ちなみに、アメリカの一般的な郵便受けは、こんなの。

Imagescaao14de

旅に出ると、色々面白いですね。

名残惜しいのですが、これで、フロリダキイズ旅行記は終わりです。

夏休みももう少し、頑張ります!

では、お元気で~☆

2012年8月 5日 (日)

フロリダキイズ旅行5日目後半

きのうの続きです。

さて、フロリダキイズ旅行5日目後半。

スノーケリングツアーに参加して、船に乗りました。

P1050589002_2

20mしか泳げない次男君が、大海に放り込まれて大丈夫か心配だったのですが、

写真に写っている黄色いのがいい浮きでして、

膨らましておけば沈む事はないと分かり一安心。

P1050593

 

それでも親も本人もなんかこわいので、

持参した赤いヌードル(浮き棒)を持って海に入りました。

この赤い棒のお陰で、すぐに次男君を見つけられてとても助かりました。

これが無かったら、自分の子供がどこにいるか分からなくて困ったでしょう。

これから下の写真は何枚か使い捨て水中カメラで撮ったものなので、

ボケていてすみません。

Scan0005

船から100mくらい泳ぐと、見所なのですけど、

ゴーグルが合わないし、スノーケルもやり方が分からない、と言って

次男君が海に浮かびながらさわいでいる。

これは、船に戻るしかないか、と思ったのも束の間、

次男君、問題を解決出来たらしく、すごい速さで見所目指して泳いでいった。

泳ぎだしたら、親が側にいるかどうかも全く確かめず、

一目散に行ってしまい、船からすごく離れて、周りには誰もいない。

私は見てて恐ろしくなってしまった。

仕方無いので、必死で追いかける夫なのであった。

もうこうなると、昔水泳を習っていた長男君は放置。

Scan0006

Scan0014

次男君、お魚を追いかけている。

動物好き、自然好きなこの人、大喜び。

Scan0008_2

よーく見ると、青い魚が何尾か一緒に泳いでいます。

使い捨てカメラでは、はっきりとした写真を撮れなかったんですけど、

黄色や、縞模様や、色んな色のきれいな魚が沢山見られて、

うちの家族4人、とても楽しめました。

Scan0015_2

帰港する時間になり、他の人達が、船に次々と戻っていきました。

停めてある船は、すごく揺れるので、私は最後まで近くに浮かんでいましたけど、

波に浮かんでいるだけでも酔っ払ってきました。

海は大好きだけど、この揺れが辛い。

P1050600

無事にマリーナに戻って、ほっとしたら、

こんなお花が咲いていて、感動。

スノーケリングはね、子供たちが大きくなって、

安心して出来る時期になったので、今まで待って良かったけれど、

私の体力が、ぎりぎりでした。coldsweats01

私、体力無いので、あと5年したらもう辛いかなあ。

今回の旅行は本当に疲れてしまって、

若いうちに行っておいた方がいい所は、

そろそろもう行かないと、と思いましたよ。

おばさんだ~!

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

この日の夕飯は、2日目に来たのと同じレストラン、

Num Thai &Sushi Bar Restaurantへ。

この日は、もう「お米が食べたい!」という欲求に勝てなかったので、

お値段手頃で、美味しいここにまたやってまいりました。

P1050606

このお弁当を選んだのは、フロリダキイズ名物のコンク貝が入っていたから。

P1050607

たこと一緒に酢の物になってきたこのコンク貝、

とっても美味しかったです!

どこでもフリッターにして出すようですけど、

お刺身の方が何十倍も美味しいですよ~!

P1050610

そして、また頼みました。

フライド・ドーナッツ。

揚げたてが最高!

P1050611

ホテルに戻って、ホテルのビーチに、夕日を眺めに。

P1050619

今日も、雲があって、少し色が淡い夕日でした。

夏は雨も雲も多いし、燃えるような夕焼けはを見るのは、難しいようですね。

P1050615

ここには、ハンモックがにあう。

Jhjjiyh
このハンモックの近くにいたトカゲ。

Cuban Brown Anoleというそうです。

次男君が大喜び。

家族でスノーケリング初体験したし、コンク貝は美味しかったし、

こんなトカゲは見られたし、

やっぱり来てみて良かった、フロリダキイズ。

5日目終わり。

旅行記は、また、続く。

2012年8月 4日 (土)

フロリダキイズ5日目前半

前の記事の続きです。

5日目は、キイウェストを出て、またKey Largoへ。

P1050472


また橋をいくつも渡り、セブンマイルブリッジも渡り、

Key Largo  まで2時間。

次男君は、すぐに車酔いでダウン。

途中、休憩も兼ねてMarathonの有名なシーフードレストランで昼食。

P1050573
注文すると、

「テレビ番組の名前を言って!」とお店の人に言われ、何かと思ったら、

「料理が出来たら、その番組の名前で呼び出すから!」というので、

「Big Bang Theory!」って言ったら、

「前の人がそれは使っちゃった。」というので、「スポンジボブ」になった。

Big Bang、人気あるんだなあ。

P1050583
席は全部外。マリーナの景色を楽しいながらお食事。

暫く待っていると、

「スポンジボーブ!」と呼ばれ、

なんとも楽しい気分で食べ物を取りに。

P1050578
私のクラブケーキサンドイッチ。

とっても美味しい。

P1050581

次男君のロブスターマカロニアンドチーズ。

P1050582
夫のロブスターフライ。

このお店、涼しい季節に来ると、カニが美味しいらしい。

時期はずれで残念。

雰囲気が楽しくて、美味しくて、お勧めできるお店でした。

ただ、こんな暑い日には、冷房が欲しかったかな。

Keys Fisheries Market & Marina

http://www.keysfisheries.com/

いい店だったけど、やっぱりシーフードレストランに行くと毎回つぶやくこと

をつぶやいてしまった。

「イワシとか、アジとか、サザエとか、イカとか、

そういうの出してくれないかなあ。ちょっと塩かお醤油で焼いてくれたらいいんだけど。」

私、一生言い続けそう。食べ物だけは、どうしてもアメリカナイズされない。

P1050586

さて、Key Largo に戻ってきて、念願のスノーケリングツアーに参加。

Keysに来たら、やっぱりアメリカ唯一のさんご礁を見ないとね。

でもね、わが家族、全員スノーケリング初体験のため、少々不安。

一応子供も大丈夫、って書いてある会社にしたけどね。。。

「泳げない人は来ないで。」みたいに書いてある会社は勿論避けた。

P1050590
さあ、出発。沖のさんご礁目指していくぞ~!

P1050588002

用具の使い方を説明してもらって、試しに装着した次男君。

二時間半のこのツアー、まず30分以上沖に走っただろうか?

次男君は途中ですでに船酔い。

20m位しか泳げない次男君、「本当に参加しても大丈夫だね?怖くないね?」

と、私、何回も聞いた。

次男君は、動物好き&自然好きなので、

お魚とさんご礁見たさに、船嫌いも、あまり泳げないのも

忘れていたみたいだ。

さあ、果たしてどうなるか???

長くなるので、また続く~。

2012年8月 3日 (金)

フロリダキイズ旅行4日目後半

さて、昨日の続きで、今日は4日目後半。

ヘミングウェイハウスに行って、クレープ屋さんでランチを食べ、

また徒歩で、次の目的地へ。

P1050534

歩いていると、やしの木だらけなんですけど、

バナナの木なんかも道端にあったりして。随分高い所に実がなるんですね~。

P1050544
着きました。目的地の、Southernmost Point。

アメリカ最南端の地。

やっぱりここには行っておかないと、ということで、家族写真。

グレースK一家、すごい日焼けしてる~、と思いました?

まさかね。このご家族は、写真を撮る人達の列の、私たちの前に並んでいた人達。

うちも同じような写真を撮りましたよ。

ここが公園にでもなっているのかと思っていたら、

本当にこの碑しかなくて、アレ?って感じでした。

P1050547
あまりに蒸し暑くて、頭がくらくらしてきたところで、

屋台で椰子の実を買ってみました。

一度飲んでみたかったんだ~。

どうやって穴を開けるのかなんて考えたことなかったけど、

電動ドリルでウィ~ンって穴を開けて、ストローを刺してくれた。

味は、なんてことありませんでした。普通の水の方がおいしい。

でも、これが気が済んだ。

子供の時から、「どんな味なんだろう~?」ってずっと思ってたんだ。

P1050548
Deval Streetを歩いてホテルに帰ろうとしていたら、

ヘミングウェイが入り浸っていたという、”Sloppy Joe's Bar"の前を通りました。

話を聞いていると、ヘミングウェイはアル中だったみたいですね。

でも、このお店はヘミングウェイが通っていた時にはここではなくて、

他の場所にあったんですけど、今でも店内にはヘミングウェイ関係の展示物が

あるそう。

ホテルに帰ってきて、プールへ。

P1050552

P1050557

大人も子供も、泳ぐよりも飛び込んでいた。

私は、ジャグジーに入って温泉気分。

P1050549

そして、夕飯を食べに、またDeval Streetへ。

Deval Streetはキイウェストで一番の繁華街で、

ライブミュージックを楽しめるバーが多く、

ニューオーリンズのバーボンストリートに似ている。

飲むのが好きな人達には楽しいところだなあ。

下戸の私は、面白い言葉が書いてあるお土産のTシャツを見て

楽しんでました。

P1050512
そして、フロリダキイズでは、

にわとりが放し飼い。または、野良ニワトリ???

旅行中、ニワトリがその辺を普通に歩いているのを10回も目撃。

日本の猫のように普通に歩いている。

P1050513
繁華街を親子で堂々と歩いていたりする。lovely

後姿かわいい~!


P1050543
そして、爬虫類もその辺にうろうろしている。

蛇もその辺にいるし。。。

Ghjgjgjg

蝶も多い。

シカゴて、蝶が少ないんだよ。さびしいよ。

P1050550


いいなあ、こういう花。

北国シカゴでは、見られないこんな花が、町にあふれている。

P1050566
椰子の木にも色々種類があって、こんな実がなるのもある。

初めて気が付いた。


アメリカは広い。

旅をするといつも見ている物とは違うことが多くて、面白いことが一杯。

この日は、蒸し暑い中を全部歩いて観光で疲れたけど、

なんとか無事終わりました。

4日目終了。

また続く。

2012年8月 2日 (木)

フロリダキイズ旅行4日目前半

フロリダキイズ旅行4日目(7月24日)の記録です。

P1050529


うちの生まれた時からアメリカにいる、

英語の本しか読まない息子達に、「ヘミングウェイって知ってる?」と聞いたら、

「知らな~い!」と言うので、

「なんてこと!」と思って、ヘミングウェイの家に連れて行きました。

P1050533
ヘミングウェイは、猫好きだったので有名で、

作品の中にも猫がよく登場しますが、

ヘミングウェイハウスには、猫が沢山住んでいて、

こんなディスプレイの上で涼んでいたりします。

P1050531


家だけ見ていても面白くないので、

ガイドの人にくっついて説明を聞くといいです。(ガイドは無料)

いかにも一昔前の作家らしく、彼は破天荒な人生を送っていたので、

逸話も沢山あります。

それにしても、冷房なんて無い時代に、

こんな暑い家でよく小説が書けたね~、という感想。

だから、彼の作品てなんかけだるいのだろうか。

あ、でもそれは涼しいところにいた時もそうだったか。

P1050535
この猫ちゃん、”6 toed cat”と言って、

指が6本ある。

ヘミングウェイが飼っていた6 toed catの子孫だということ。

P1050536

ヘミングウェイハウスの後は、

うちの近くには無いような、ホンマもんのフレンチのクレープ屋さんでランチ。

お店の人は、みんなフランス人みたいだったよ。

フランスっぽく外の席で食べたかったけど、

湿気の無いシカゴから来た私たちにはこの日は暑過ぎて、

室内で涼ましてもらった。

P1050540


私は、前から一度食べてみたかったけど、

アメリカにいてはチャンスが無かったそば粉のクレープ。

スモークサーモンとブリーチーズ入り。とっても美味しかった!

でも、巨大なクレープで、何も野菜がついてこないので、

サラダも一緒に食べるといいかも。

P1050537
次男君は、ナテラ+いちご+バナナという、大好きな組み合わせ。

美味しいけど、大きいしナテラが甘いから、完食出来ず。

P1050542


長男君とパパの頼んだオムレツ。

美味しい~!と言ってがつがつ食べていました。

P1050541

長男君は、オムレツの他にメープルシロップ+アイスクリーム+くるみのクレープ

も頼んで、完食。

これも、私には全部食べるには甘すぎたけど、長男君は大喜びしていた。

フランスに行った気分になって、大満足でした。

La Crêperie Key West

300 Petronia St.
Key West
FL 33040
305.517.6799

http://www.lacreperiekeywest.com/

 

長くなるので、4日目はまた続きにします。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2012年8月 1日 (水)

フロリダキイズ3日目後半

フロリダキイズ旅行記の続きです。

ここから、旅行3日目の後半。

P1050505


キイウエストのホテルに着きました。

P1050496
ホテルの前。

キイウェストは車を駐車する所を探すのが大変なので、

中心街からホテルが離れているととっても面倒だから、

場所が良いこのホテルにしたのだけれど、

やっぱりここにして良かった。

P1050499

部屋からプールを見下ろす。

P1050501


部屋の窓からの眺め。

一応オーシャンビュー。

こんな良いホテルに泊まるのは、アメリカに来てから初めて。

ちょっと興奮気味。lovely

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

さて、今日こそは晴れたことだし、夕日を見に行くぞ~!ということで、

その前に夕飯に出かけた。

また夫の趣味で、ラーメン。

P1050509
Kojinという名前のヌードル屋さんなんだけど、

アメリカ人がやっているお店。

でもYelpで4スターだったので、安心して行ったのに、

P1050510_2

私の食べたこれ、日本人として怒るしかない味。

”Ramen"って名前で、しょうがとねぎ入りソースって書いてあったんだけど、

食べたら、温かい冷やし中華の味。crying

そして、きゅうりのピクルスみたいのがのっかってる。

夫と子供たちが頼んだ”House Ramen"というのは、

日本のラーメンと同じ物を目指して作ったらしく、まあまあ美味しかったのに、

一体、このRamenは、何を目指して作ったんだろうか?

冷たかったら美味しかったのに。

アメリカ人が作っているから、アメリカ人には美味しいのだろうけれど、

私は本当のラーメンを知っているだけに、

こんなに裏切られると食べられない。

半分しか食べられなくて、

「残っていたら美味しくなかったって思ってるってお店の人も分かるかな。」

と思っていたら、

「何でも喰えるからアメリカで生き残っているんだ。」というのが口癖の夫が、

全部食べてしまった。gawk

まあ、アメリカでアメリカ人の作る物に文句を言ってはいけない。

・・・とはおもうのだけれど、やっぱり納得いかなかった。

P1050516

食事が終わって、キイウェストの夕焼け見物の名所、Mallory Squareへ。

ここのすぐ横にあったのもあって、ホテルをウェスティンにしてみたのでした。

Mallory Squareでは、夕暮れ時になると沢山集まる観光客目当てに


大道芸人がショーを繰り広げている。

上の写真は、猫おじさん。

見ていると、楽しいよりも、猫がかわいそうになってきてしまった。

動物好きの次男君なんか、怒り出してブーイングし出す始末。

芸人猫も、大変である。

P1050523
そして、3日目にしてやっと見られた、海に沈む夕日。

うちのすぐ近くのミシガン湖だと、日の出は見られても、日没は見られないんだよね。

P1050520_2
やっぱり、見られて良かった。

P1050528_2

雲がきれいだった。

自然の織り成す色彩には、感動させられる。

神様の力を感じさせるような雲である。

旅行3日目終わり。

また続く。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ