« パイナップルとお肉 | トップページ | The Help »

2012年3月 7日 (水)

リファイナンス

去年の後半から、ずーっと家のローンを組み替えなくちゃ、と

考えてたんですけど、やっと手続きが終わりました。

ほっとしました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと前までは、家を買ったら値段が上がるものだったから、

家を買うのはいい投資だったけれど、ここ数年値が下がっていて、

このままだと大損をしてしまうかも、という時代でございます。

景気が悪い、ということは、住宅ローンの利率も下がっている訳で、

少しでも失ってた分を取り戻すためには、

利率が低くなった住宅ローンに書き換えをするべきなのです。

ということで、私もやらなきゃ、とずっと思っていたのですが、

利率とにらめっこしたまま何ヶ月かが過ぎました。

こういうことは、私のお仕事で、主人はノータッチなので、

ずっと一人でマーケットの観察などしていました。(これが、結構面白いです。)^^

そして、もう底値に行ったか、と思い、とうとうお正月を過ぎてから動き始めました。

clubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclub

こういうローンの書き換えのことを、リファイナンスといいますが、

テネシーの時を含めて、うちがリファイナンスをするのは、これで3回目です。

最初家を買った時は、まだ景気が良かったので、7%で買いましたが、どんどん

利率が下がっていって、今は3%台ですからね、結局3回もすることになってしまいました。

このリファイナンスですが、普通にいつも使っている銀行よりも、インターネットで見つけた

ローン会社の方が利率が低いので、うちはいつもインターネットローン会社を使います。

この、インターネットローン会社、全部電話とメールとホームページで

コミュニケーションするので、ある程度英語が出来ないと苦しいかもしれませんが、

どこにも出かけなくても全部手続き出来るので本当に楽チンでいいですよ。

私も、最初家を買った時は、専門用語が分からなかったし、

電話だと聞き取りが難しいかと思い、直接人に会って話しが出来るように、

近所の会社を選んだのですが、

最初のリファイナンスの時に、勇気を出してインターネットの会社を

使ってみたら、何とかなり、今回はローンを組むのはもう5回目ですので、

もう勝手は分かっていて、全てがとても簡単に出来ました。

思い起こせば、家を初めて買った時から、随分色々覚えたなあ、と思います。

怖がらないで、どんどんやっていけば、こうして力がついて、

外国暮らしが段々大変ではなくなるので、何でもどんどん自分で挑戦してよかったです。

こう書くと、自慢みたいですが、私には人に頼らないで何かが出来るようになることが、

喜びなんですよね。

私、海外で暮らしていて、色々不安があるのですけれど、不動産のことやら、

保険のことやら、税金のことやら、そういう普段の生活に関係のある事を夫任せにして

いて、自分が全く分かっていない、という状態がとても不安なんですよね。

夫しか頼る人がいないのに、夫がいなくなったら、どうやって生きていくのか、

なんて思いたくない。

自分で何でも出来るようにしておきたい。

海外暮らしだからこそ持ってしまった、自己防衛の気持ちかもしれません。

こうして、色々経験してきて、段々アメリカ暮らしが安心になってきました。

いつまでいるか分かりませんけれど、安心して暮らせるのが何よりです。

ちなみに、今回使った会社は、Amerisave.comです。

この会社が多分一番利率が低いと思います。

別に、Amerisaveの回し者じゃありませんよ。

では、また~。

« パイナップルとお肉 | トップページ | The Help »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

グレースさん 頼もしいですね

確かにこの国で安心して生きていくには 自分が賢くいろいろな知識を持っていなければならないように思います

カリフォルニア時代 交通裁判を受けた事がありました

結局 私が勝ったんですけど 納得いかない事が多々あって 人って当てにならないとつくづく反省 

そして この事から多くを学びました

この国は本当にサバイバルな国だと実感してます

こんな難しい案件を旦那様を頼らないで出来るなんて・・・すごいなぁ~

私は まだまだ 旦那任せが多いです・・・少し考え直さないとね

今から、家を買う我が家にはありがたい情報です。
今日、Inspectionです。
ま、10年くらいしか済まないだろう?と思っての物件です。
雪かき等をしたくない、ベースメント付きがよいという私の願いどおり、タウンハウスになりました。狭いけど、我慢です。娘が大学で寮に入れば、息子と3人なので十分の広さと自分に言い聞かせています。
(狭い方が掃除も楽だしね)

英語に問題がある私は、旦那がいないとナインもできません。
少しはグレースさんを見習わなくては。


そうそう、久しぶりの牛肉だけのハンバーグ、おいしかったです。
いつも教えていただいてばかりで申し訳ないですが、これからもいろいろ、教えてくださいませ。

cindyさんへお返事
こんにちは~。
ご主人を亡くした方が、何でもご主人任せだった場合、
その後の暮らしが本当に大変になってしまうのを、何回か見たんですよ。
アメリカに何十年も住んでいるけれど、銀行や保険会社と話す自信が無いから、通訳をさがさなくちゃいけないし、とにかく基礎知識も無いから、
何をどうしたらいいのかも分からない。
でも、自分で管理しないと、自分の財産でもどこかに消えちゃうことなんて
アメリカならいくらでもありますから、そういう方達のストレスって、
大変なものなんですよね。
うちは、主人も日本人だし、どっちの方が英語が出来る、ってわけでも
ないしね、私がやってます・
本当はね、日本に帰って、ぼーっと暮らしたいです。
お互い、なんとかなるさ~、と思ってぼちぼちやっていきましょうね!

あんじぇりかさんへお返事

そうなんですか~。
家を買われるのですね。
タウンハウス、いい選択だと思います。
雪かきも芝刈りも無い方が、のんびり暮らせますよね。
家が大きかったら、家の手入ればかりで、家の奴隷のようになって
しまって、せっかくのアメリカ生活を楽しめなくなってしまうかも。
私なんか、アパートに引っ越したくって。
隣の芝生は青い、ですね。

すごい!!!!りファイナンスを自分でするなんて、、、。うちは2回しましたが、だんな任せです。レートと業者をきめるのは、一緒にやるのですが、最後の交渉は、まかせっきりです。今、ローン、底値なんでしょうね。でも、家の値段がもう少しあがってきてくれるとうれしなあ。そうそう、先日、レストランに行ったときの込み具合をみていたら、少し、景気がかいふくしてきたのかな?と思う今日このごろです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/44306376

この記事へのトラックバック一覧です: リファイナンス:

« パイナップルとお肉 | トップページ | The Help »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ