« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

The Help

banana banana banana banana banana banana banana banana banana banana banana banana banana  banana

最近ね、Redboxで映画を借りてきて、家で観る事が増えました。

Redboxっていうのは、DVDとかブルーレイとかを借りられる自動販売機のようなもの

なんですけど、一泊1.20ドルで、とってもお得なのです。

今は、日本にもこういうのがありますか?

この前のアカデミー賞で賞を取った作品を次々と家族で観ていますけど、

これは、私一人で観ました。

Uiol 「the Help」

これ、本当にいい映画でした!

舞台は、1960年代のミシシッピー州、ジャクソン。

まだ黒人が市民権もなく、白人から同等に見られることの

無かった時の話です。

私、大学で黒人差別のことを勉強したのがきっかけで、

黒人差別問題にとても興味があって、この手の映画は必ず観ます。

題名の「Help」というのは、お手伝いさんのことで、

この時代南部で多かった白人家庭で働く黒人のお手伝いさん達が、

危険を冒して差別に立ち向かう勇気のお話。

黒人がおとなしく差別に甘んじていなければ、

リンチにあったり、家を焼かれたり、時には殺されることもあった時代です。

白人に歯向かう事は、どれだけ怖かったことか。

とても暗い時代背景なのですが、段々わくわくしてきて、

観た後に清々しさの残る、秀作でした。

お勧めです!

banana banana banana banana banana banana banana banana banana

この時代より半世紀経ち、どの人種も法律上は平等になりました。

でも、今でも人種で住む所が分かれていたりしますし、差別は無くなりません。

テネシー州の2つのカウンティ(郡)には、一人も黒人が住んでいないと

聞いたことがあります。

そこには、白人しか人間として認めないような団体に所属する人々が

多く存在するからだそうです。

banana banana banana banana banana banana banana banana banana

しかし、この映画の時代から半世紀経って、黒人の立場はこの頃から

比べたら、やはり随分と向上したと言えます。十分ではないけれど。

これから半世紀したら、どうなっているでしょう。

今とは全く違って、差別が無くなっているといいですね。

そんな時代が来るといいね。

2012年3月 7日 (水)

リファイナンス

去年の後半から、ずーっと家のローンを組み替えなくちゃ、と

考えてたんですけど、やっと手続きが終わりました。

ほっとしました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと前までは、家を買ったら値段が上がるものだったから、

家を買うのはいい投資だったけれど、ここ数年値が下がっていて、

このままだと大損をしてしまうかも、という時代でございます。

景気が悪い、ということは、住宅ローンの利率も下がっている訳で、

少しでも失ってた分を取り戻すためには、

利率が低くなった住宅ローンに書き換えをするべきなのです。

ということで、私もやらなきゃ、とずっと思っていたのですが、

利率とにらめっこしたまま何ヶ月かが過ぎました。

こういうことは、私のお仕事で、主人はノータッチなので、

ずっと一人でマーケットの観察などしていました。(これが、結構面白いです。)^^

そして、もう底値に行ったか、と思い、とうとうお正月を過ぎてから動き始めました。

clubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclubclub

こういうローンの書き換えのことを、リファイナンスといいますが、

テネシーの時を含めて、うちがリファイナンスをするのは、これで3回目です。

最初家を買った時は、まだ景気が良かったので、7%で買いましたが、どんどん

利率が下がっていって、今は3%台ですからね、結局3回もすることになってしまいました。

このリファイナンスですが、普通にいつも使っている銀行よりも、インターネットで見つけた

ローン会社の方が利率が低いので、うちはいつもインターネットローン会社を使います。

この、インターネットローン会社、全部電話とメールとホームページで

コミュニケーションするので、ある程度英語が出来ないと苦しいかもしれませんが、

どこにも出かけなくても全部手続き出来るので本当に楽チンでいいですよ。

私も、最初家を買った時は、専門用語が分からなかったし、

電話だと聞き取りが難しいかと思い、直接人に会って話しが出来るように、

近所の会社を選んだのですが、

最初のリファイナンスの時に、勇気を出してインターネットの会社を

使ってみたら、何とかなり、今回はローンを組むのはもう5回目ですので、

もう勝手は分かっていて、全てがとても簡単に出来ました。

思い起こせば、家を初めて買った時から、随分色々覚えたなあ、と思います。

怖がらないで、どんどんやっていけば、こうして力がついて、

外国暮らしが段々大変ではなくなるので、何でもどんどん自分で挑戦してよかったです。

こう書くと、自慢みたいですが、私には人に頼らないで何かが出来るようになることが、

喜びなんですよね。

私、海外で暮らしていて、色々不安があるのですけれど、不動産のことやら、

保険のことやら、税金のことやら、そういう普段の生活に関係のある事を夫任せにして

いて、自分が全く分かっていない、という状態がとても不安なんですよね。

夫しか頼る人がいないのに、夫がいなくなったら、どうやって生きていくのか、

なんて思いたくない。

自分で何でも出来るようにしておきたい。

海外暮らしだからこそ持ってしまった、自己防衛の気持ちかもしれません。

こうして、色々経験してきて、段々アメリカ暮らしが安心になってきました。

いつまでいるか分かりませんけれど、安心して暮らせるのが何よりです。

ちなみに、今回使った会社は、Amerisave.comです。

この会社が多分一番利率が低いと思います。

別に、Amerisaveの回し者じゃありませんよ。

では、また~。

2012年3月 5日 (月)

パイナップルとお肉

さて、今日は、おたくっぽいのですけど、パイナップルの汁について。

これは、アメリカ暮らしの主婦には仕える情報だとおもうので。。。

パイナップルの酵素がお肉を柔らかくしてくれることは、有名ですね。

それで、パイナップルから作ったこんな物がアメリカでは売っています。

Jkouiuo

これを振り掛けるだけで、お肉があら不思議、とても柔らかくなる。

ただ、塩分が強いので、ステーキなんかにはまあまあいいのですが、

他のお料理には、使いにくいのです。

それで、もうこれは一回で買わなくなり、やはりこれに帰りました。

P10408771

パイナップルって、丸ごと一個が2ドルくらいで売っているので、よく買うのですが、

汁だけ取っておいて、大匙1位ずつ冷凍しておくと、いつでも使える。

どうしてお肉を柔らかくするためにこんなことまでしているのか、

と思う方もいらっしゃると思うのですが、

アメリカで日本風に料理をしていると、

「お肉が硬いんですけど~!」となる事がしょっちゅうなんです。

日本では何の苦労も無く美味しく作れた料理が、

アメリカのお肉を使うと硬くて、

「なんじゃこりゃ!」となることがよくある。

それで、たたいたり、たまねぎと一緒にマリネしたり、コーラに漬けたり、

パイナップル酵素に頼ったり、となるわけです。

P10408801

そして、なんと肉豆腐にもパイナップルの汁が大匙1ほど入っていたりします。

これは、出来上がってから味見してみたらお肉が硬かったので、

パイナップル汁を入れて少し煮直したら、すぐに柔らかくなりました。

パイナップルの汁を使う時、注意することは、

量を少なくすることと、お肉を漬かる時間をあまり長くしないことです。

焼肉だったら、1パウンド(453g)のお肉に大匙1のパイナップル汁を

もみこんで、30分以内に焼く位で十分。

1パウンドのお肉に50ccのパイナップル汁を入れて1晩置いたら、

お肉が完全に分解されて、ただの「カス」のようになりました。

もうびっくり~!

また、焼肉なんかだったら、キウイでも同じように使えます。

この時も、絶対に少量で、短時間漬けること。

私も、アメリカ暮らしで色々試行錯誤して暮らしていますけど、

パイナップル汁もやっと使いこなせるようになりました。

こういう技を沢山見に付けておくと、便利です。

どうぞ、やってみてください~。

では、皆さん、お元気で。happy01

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ