« 青い魚 | トップページ | Tapasとは »

2011年11月 5日 (土)

やっとすっきり分かった事。

今日は、今頃やっとすっきり理解できたことについてなのですが。。。

私の知っているアメリカ人80歳のおばあちゃまが、

「女性が、夫に何かの問題について相談をすると、

男というものは解決策を考えてあれこれ提案をするけれども、

女性の方は解決策を言ってほしいのではない。

女性のほうは大体の場合は自分でもうすでにどうしたいか決めてあるから、

ただ、『そうなんだ~。大変だね~。』と、共感してほしいだけ、

耳を傾けて欲しいだけなのだ。」

という話をよくします。

「そうかなあ~、でもなんかピンと来ないなあ。」と思っていたら、

少し前にウェブで見ていた日本のテレビで、

心理学者の先生が同じ事を言っていたし、

さらにある本にも同じ事が書いてあるのを発見!

「どうして近頃この話ばかり聞くのだろう、なんか、この事気になるな~。」

と思っていたら、

お友達と話していたときに彼女がご主人について同じようなことを言い、

さらに「ただ共感して欲しいだけなのに、結論をずばっと言われると傷つく。」と

言ったのですね。

彼女の言う事を詳しく聞いていたら、

なんだか、女の心理が良くわかった!

そうなんですね~。

私、女なのに自分でよくわかっていなかったな。

夫は、妻の話を聞くときは、

「そうなんだ~。大変だったね~。」と

相槌を入れつつ、「ふ~ん、そうか~。」とうなづいていればいいと

いうことですね。

「それで、どうしたいの?」とか、『結論は何?」とか言うのは、最悪ですね。

と納得してから思い出したけど、

実はこのわざは、私は次男君に既に仕込み済み!

次男君が人の話に相槌も打たないで感じが悪いので、

「ママが話しているときは、『ふ~ん、そっかあ~。』とでも言いなさい!」って

言ったら、それからいつも、

「ふ~ん、そっか~。」って言ってます。

聞いてるのか何だか分からないけどね。

でも、世のだんなさんがたにも、

「ふ~ん、そっか~。」は、使って頂きたいものですね。

家庭円満に、「ふ~ん、そっか~。」ですよ!

« 青い魚 | トップページ | Tapasとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは!読んで爆笑しました。グレースさんのおっしゃる通りだと思います。
ある大手銀行に勤める男友達は、研修で「奥さんと話す時は(まさに)‘‘ふ~ん、そっか~’’をやれ」と習ったそうですよ。

私は、まだこちらが話をしている途中なのに、夫に「で、結論は?」とか「だから、オレにどうして欲しいわけ?」と言われたことあります。
もちろん、叱りつけて、謝ってもらいました。

とはいえ、男性がイライラする気持ちもわからないではない。

男性と女性は、根本的に色んな回路が違うから仕方ないので、そこは歩み寄りかなと。

私も、夫が疲れ気味に見えるとき、でもあえて自分の話しをしたい時は、「今から〇〇について話します。でも結論は〇〇なかんじ。」と前置きしてから、経緯をだらだら話します。女は、経緯を話すのが好きなんですもの。会社のお仕事じゃなくて、家庭の会話なんだから、時々はだらだらさせてくれ!


うんうん 良く聞きますよね 『 女は共感して欲しい動物 』 だって・・
確かに そうなのかも知れません 私自身 あまり 意識してませんけど
旦那と話してる時 しょっちゅう 『 I  KNOW !! 』 って 言ってるみたいですよ

男と女は 他の星の生物だから 同じには考えられないんだ って
そんな話も 耳にした事がありましたが 私は 普段 このようなことを意識する事は 殆どないですけど

『 俺にどうして欲しいの?? 』 なんて言われたら 『 いやいや 旦那さん そんな事を求めているんじゃないんですよ 』 なんて 言ってしまいますから やっぱり 共感 を求めているんですよね・・・あはっはっ

だからかぁ~ マイケルと話してると イライラするのって・・・ だって 彼は 自分の事を言いたくて 自分の意見を言いたくて仕方がない!

よし~ グレースさんみたいに うちのマイケルにも うなづき技を仕込みますか!!!


amayukiさんへお返事
その大手銀行のお話、素晴らしいですねえ~。
世の男性たちが皆この事を知ってくれたら、奥さんたちはどれだけ楽に
なることでしょう。
いや~、それにしても、amayukiさんは、この問題の達人ですね!
これほど見事に会話を進めていかれるとは、驚きました!すごいなあ。
15年前に教えて欲しかったです!
ご主人の操縦法なんかもよくお分かりなんでしょうね。
私は今やっとピンときたばかりなので、失敗をたくさんしましたねえ。。。

cindyさんへお返事
こんにちは。
この問題は、日本人男性だけが対象なのではなくて、
アメリカ人男性相手でも同じなのが面白いのですよ。
だけど、新婚でまだ熱いうちは、こういう心配も要りませんから、
お宅は関係ないかもです。
うちも、新婚の時は、
主人にくだらない話をしてもうんうんうなずいて聞いてくれたんですけどね、もうそんなことぜんぜんしてくれません。
こうなると、主人にこのわざを覚えていただきたいですね。
ちゃんと聞いていなくても、
聞いているふりをして付き合ってくれればいいんですよね。
それでClosenessを感じたいのですよ。
マイケル君はどんな風なんでしょう?
余計に意見を言ってくるのかな?
それは、世の夫たちと同じですね。
でも、子供だからかえって怒りにくいね。
男とは小さくても大きくても異生物ね。

そうそう!そうなんですよね!
私も主人に愚痴とかこぼす時はただ「ふ~ん、そっかぁ」と言って欲しいだけなのに、絶対言いませんからね。(笑)
GraceKさんはすでに息子さんにも教育済みのようなので、彼のお嫁さんは幸せだと思います。(^^)
私も息子に「ふ~ん、そっかぁ。」早速叩き込みたいと思います。

mucciさんへお返事

こんにちは。
やっぱりスイスでもどこでも同じですね。
面白い!
これは、今頃気がついたのですけど、結構大問題ですよね。
私も、次男だけではなく、周りにいる他のかたがたにも
仕込みたいです。
とはいっても、大人は難しいので、子供のうちから教えとくといいですね~。

...お願いします、うちの旦那にも教育してください!!
私は...慣れてきたのでよいけれど 誰に対しても聞いているのかいないのか 傍から見ると 「こいつ、絶対聞いてない!」というような面持ちでいるので 私のほうが一緒にいて恥ずかしいというか 相手に申し訳ない気持ちでいっぱいになって。
うちの旦那だけではなかったんですね...
知人は2人息子さんがいるのですが 娘さんが欲しかったという希望も影響してか お茶も美味しく入れられないような男になるな!みたいな 子育てをされていて 
今、もう30代ですけれど 食事を作るのは奥様だけれど 食後に美味しいお茶を入れるのは 彼らの役目なのだそうです。
それも やらされている のではないという点が素晴らしい!
...というよりも 羨ましいのかもしれませんね(笑)

まだ4歳の息子も 何とかなるでしょうか?
今朝も幼稚園へ到着して 本当なら自分でジャケットを脱いで コート掛けに持っていかなければいけないのに
すぐに 他の園児のお母さんを見つけて
「could you help me pleeeeease ?」って 
上目遣いでお願いして あっさりと聞き入れてもらって
結局、自分で何もできないまま.なのです。

さっそく今日から鍛えなおしま~す。

けろさんへお返事
ご主人は大人ですからね、もう教育は難しいですね。
私は、息子たちに結婚する前にいろいろ教えなくちゃ、と思っていますよ。
男には女の気持ちは分からないですからね~。
私ね、よく「うちの息子たちがいい夫になるように。」と思って
あれこれ仕込んでいますよ。
DIYとか、料理とか。
全然だめですけどね。
道は長い。
息子の友達は、10歳のときに既にお店のドアを開けて「どうぞ」って
してくれましたからね。
お母さんがしっかり教えているんだなあ、って思いました。
その子のようになってほしいけど、まーだまだです。
しかし、ヒロ君は自分の魅力で人を動かすすべを身に着けているのね。
それはまたそれで大きな武器ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/42884981

この記事へのトラックバック一覧です: やっとすっきり分かった事。:

« 青い魚 | トップページ | Tapasとは »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ