« 洪水とウサギの赤ちゃん | トップページ | 床 »

2011年7月27日 (水)

洪水処理中、愚痴です。

先日書いた嵐でベースメント(地下室)に水が入った話の続き。

家に水が入ると、何が心配って、

カビです!typhoon

壁の中に侵食し、

最悪のケースでは、家ごと燃やさなくてはいけなくなるのです!

それで、カーペットが濡れた家はカビが生える前にすぐにはがして捨てるので、

今週は家の前にカーペットが捨ててある家が多いこと!

今回の雨は記録的だったそうで、ベースメントのある家が多いこの地域は、

大変な事になっています!

この辺って、ベースメントがあるのが普通ですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、かわいそうなお話があってね、

隣の町のある家で、

ベースメントのケージに犬が3匹入れられていて、

夜中に洪水になったもんだから飼い主はぐっすり眠っていて、

朝起きたら3匹とも溺れ死んでいたって。。。weep

犬の鳴き声が届かないほど大きなお家だったのでしょうね。

夜中に水が上がったから、こんな悲劇になってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちでもね、結婚式の大事な写真が濡れて、カビカビになってしまいました。

一枚だけだけど、一番よく撮れた私のドアップが~~!!!

悲しい~!

でも、ワンちゃんに較べたらたいしたことないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちの場合は、ほんの少ししか濡れなかったので、

タオルで床を拭いて、カーペットの所をちょっとひっぺがし、

ラミネイトという床材の所はひっぺがせなかったので放っておいて、

「さてこれからどーしようかなあ。」となり、(夫は仕事でいなかった。)

1、聞き込み&ネットで調査&新聞読み等をして、考え、

2、まず家の保険会社に電話をした。

3、床下とか壁の中にカビが生えて拡がったら大変な事になるので、

 ラミネイトの床をはがして乾かすために床を上げる人を探した。

 洪水専門の業者は予約が一週間先まで一杯だというので、

 ハンディマンの会社にお願いした。

4、昨日、床をはがす作業をしてくれる人が見積もりに来て、

 今日、実際にはがしてくれる予定。

5、そして、保険会社の人が来るのも今待っている。

 前代未聞の洪水だそうで、被害が多くて、うちに来てくれるのはまだ時間がかかる。

 保険会社の人が来て、被害を見てお金をくれたら、

6、新しい床を入れる業者を探す。(今度はまた同じ事が起こった時の用心で、

  タイルの床にしようかなあ、と思っている。)

7、タイルを選んで、

8、工事。

終わるまで色々あるなあ。

こう書いちゃうと簡単に見えるけど、

この裏には、外国暮らしで、物を知らないため、

沢山の聞き込みと調査が含まれるのである。

アメリカ人なら、自分の親に聞いたり、この国の常識をもっと知っているから

すぐどうしたらいいか分かるけれど、

私の場合はそうはいかない。

「今度はタイルにしようかなあ。」と決めるまでにも、

アメリカの資料をいくつか読まなくちゃいけないわけで。。。

子供の教育のことでも、家の手入れのことでも、アメリカの資料でないと

実際に役に立たないから、日本語の資料は読まない。

だから、「タイルにしようかなあ。」に行くまでに、

英語の本一冊分くらい読む。

今後の交渉も全部英語でしなくちゃいけないから、新しい言葉の勉強も必要だ。

相手の言っている事が理解出来ないままに言いなりになるとだまされる

こともあるし、

大体ちょっと勉強しないと専門用語は訳が分からない。

タイルのことにしたって、どんなタイプがあって、どういう材料を使って

工事するかなんて、全部専門言葉を覚えないと話が出来ない。

専業主婦でも、こんなだから、結構時間を取られるし、ストレスが多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前、「専業主婦ってヒマでしょう~。」

とか、「優雅ね~。」とか言われて、

「ははあ、まあ、そうです。ありがたいことでございます~。」と思ったけど、

専業主婦だからこそ、忙しい主人に家のことを何も頼まないようにしているので、

こんなことがあっても全部一人でやっている私、

トラブルが起こると、そんなに優雅でもないです。

何するのも英語ですからね~。英文科行ってて役に立ったなあ~。←って投げやり!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、この前屋根に穴が開いて、やっと全部終わったばかりで、

またこんな事になって、お疲れ気味なんでございます。

ハア~ッ。

さすがの私も、今日は、すっごい愚痴っぽくて、ごめんなさい。

たまには言わせて頂戴~。

・・・・・・・・・・・・・・・・

突然調べ魔&聞き込み魔に変身し、「私って、何か調査する仕事が合っているかも~。」

と思う今日この頃、探偵事務所とか、雇ってもらえないでしょうか????

これも才能かも?

« 洪水とウサギの赤ちゃん | トップページ | 床 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント


お疲れ様です!

私も 43歳まで 独身でしたから “ 主婦って 羨ましいなぁ~ 扶養控除なんかもあったりして・・・ ” なんて思ってたけどね

いやぁ~ やる事が限りなくあるのよね!

仕事だと “ はい ここまでね ” って 一応 区切りがあるけど・・・

それに “ 優雅ねぇ~ ” なんて もし 私が言われたら カチン と来ちゃう事 この上なし!

べらんめい調に “ とんでも ございませんですぜ! うちたらぁ~ 毎日 野良仕事に 芝刈りに その上 部品の修理まで・・・ いやいや うちの伴侶が 出稼ぎで・・・ 全く 優雅とは 程遠いですぜ! ” って 言っちゃいますよ!

でも・・・・そんなに 酷かったんですね・・・私達は トラックで 立ち寄っただけだから そんなに 大変だったとは 全然 知りませんでした

お疲れ様です! いやいや そうとう大変だと思いますよ

調べて 交渉して 修理まで たどり着くのにも時間がかかりそうだし ココの国は 予定通りに 行かない事が多いし・・・

うちのベイスメントはアンフィニッシュで ランドリーとストレイジだけだけだから 簡単かもしれないけど ファミリールームなんてあるお宅なら そうとう深刻ですよね・・

お疲れ様です!

暇だなんて とんでもない! 優雅だなんて・・・ねぇ!

いまは まだまだ 大変な時期ですけど 必ず 過ぎますからね!

応援してますよ!


少し、その忙しさがわかります。
トラブルが起こると、とっても時間をとられます。

うちはよく、息子が自転車の鍵をなくします。
なくしたらまず、お客様カウンター(行ったお店のね)に行きます。
案外届いて居たりします!!

次に、鍵がいよいよ出てこなかったら、予備がないのは怖いので・・・自転車さんで鍵を注文します(もちろん有料で、息子のお年玉からだします!)
これも、何度かやっていくうちにわかったことかな。

自転車の鍵の複製は作れるか、注文は出来るか、いくらかかるか、どこのお店なら取り扱いがあるのか。そんなことでも3-4軒はお店をまわりますからね。
落し物は警察にも意外と届きますよ~っ。

うちのトラブル、ちっちゃくてごめんなさーーい。

cindyさんへお返事

こんにちは。
主婦も色々で、「主人が全部やるから釘を打ったこともないわ。」って言う友達
もいるけど、うらやましいと思わないようにしています。
私も他の日本人の奥さん達のようにブランドのバッグや素敵なお洋服をしょっちゅう買って、ランチして、トラブル処理や大工仕事は全部ご主人がやってくれる、というのにちょっとはあこがれますけど、その家ごとに違うし、ま、私は自分でやるしかないようになってしまっているので、やるっきゃない。
主人が、家の手入れとかどうでもいいみたいで、無関心なんですよね。
男の人に守られて生きている女の人を見ると、いいなあ、と思いますけど、私の人生は私だけのものですから、自分でいい方向に持っていく努力をするしかないですもんね。
ということで、自分で出来る事は自分でやるようになりました。
cindyさんは、雑草取り9時間ですからね、私よりずっとすごいですよ!うちは芝刈りは業者にたのんでるし。
でも、これだけやっているのに、うちの夫は芝刈りも私にやって欲しいらしく、もうこれは無視してます。もう十分くたくただし、芝刈り機のエンジンかけられないしね。(笑)
こんな私は、やっぱり優雅ではないですよね~。
優雅っていうのは、ケーキはいつも手作りです、って言ったらそういわれたんですけど、実はただの節約だしね。買うと高いから!
まあ、思うところもありますが、私は地道に生きれる人になりたいので、優雅になりたいとも思っていませんよ。
出来たら宮沢賢治みたいになりたいの。無理だけど~。(笑)
では、また~!

ちびちゃんへお返事

そうそう!主婦って雑用が多いのよね~。後になると「何やってたっけ?」と思うことばかりなのに、何だか忙しいでしょう?
虫の世話とかさ。(笑)
私だって、「あれを繕って、これを干して、これをファイルして、あの人に電話して、あの書類を郵送して、あそこの水の流れが悪いからどうにかして。。」みたいな毎日で、夫には分からないだろうけど、結構忙しい。目に見えないことばかりでしょう?
もちろん、外で働いている人のほうがずっと大変ですよね。でも、主婦の労働を年収にしたら1300万円とも、2000万円ともいうわよね~。
まあ、お金はいらないけど、感謝の言葉くらいたまにもらってもいいかなあ。

初めまして。
クックパッドのページから、飛んできました。
レシピ、よく参考にさせてもらっています☆
そばサラダと、ズッキーニのナムル、好んで作っています!
アメリカに来た当初はこちらの慣れないスーパー事情や見知らぬ食材で何からやっていいのかわかりませんでしたが、graceKさんのような方がこうしてお料理を公開してくれているのって、料理苦手な私にとって大変ありがたい事です。
これからも色々と参考にさせて下さい♩

ところでですよ、、新米主婦&母親の私が言うのもあれなんですが、、
「主婦=優雅?ヒマ?」
ワイドショー観ながら、煎餅にでもかぶりついてるイメージなんでしょうか。爆
実際、そういう時間もなくはないけれど、それって本当に一握りの人だと思うんですよね。。実際もっと壮絶なものかと。。主婦になってみて、そして、一児を授かって一日いかに一瞬かという事を身にしみて感じています。。

初投稿にもかかわらず、グダグダくっちゃべってすみません。。
ブログを発見出来て嬉しかったもので、ついっ!照
これからもちょくちょく遊びに来させてもらえると、嬉しいです。


かんきちさんへお返事

初めまして!
私もアメリカに来てしばらくは、食材が違うのでお料理を失敗ばかりしてましたので、どなたかの参考になれば、と思ってクックパッドにのせているレシピもあります。大したことないレシピばかりですけど、こうしてコメントいただくと嬉しいです。^^

かんきちさんは、お子さんがまだオムツでしょう?それなら本当に大変!
私は子供から手が離れてきて、ちょっと優雅になりつつあるのですが、その分家の修理をするようになって、やっぱり髪の毛巻いて午後のお茶、っていう
生活じゃないです。(笑)いつも爪の中に泥、足や腕にペンキ付き、みたいな
おばさんですからね~。
貧乏性なんですね。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/40982312

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水処理中、愚痴です。:

« 洪水とウサギの赤ちゃん | トップページ | 床 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ