« また簡単美味しい魚料理 | トップページ | サーモンの味噌バターオーブン焼きー最近オーブン料理研究中 »

2011年4月20日 (水)

在米15年になりました。

私達がアメリカに引っ越して来たのは、1996年の4月5日でした。

気が付いたら、なんとアメリカ生活16年目に突入していました!

15年も一体私はアメリカで何をしていたのか。

英語は3年目位からあまり上達していないし、

何の新しい技術も身につけていない。

私の日常はと言えば、

うちの犬のベンが庭から逃げたのを追いかけていたり、

Imagesca9taddl 

子供達があちらこちらに脱ぎ散らかしている靴下を探していたり、

Jpoiop

補習校の宿題のマル付けをしていたり、
Imagesca2i6h82

壁にペンキを塗っていたり、、、、、

Imagescai9sveb

あまり大切そうでない事で毎日終わっていくのです。

そんなことばかりしていたら、15年過ぎてしまった。

けれども、そういう小さな事の積み重ねが、家族を守ることなのです。

それをする人がいなかったら、うちはどうなってしまうのじゃ。confident

そんな、なんという事のない日常が送れることが、

本当に素晴らしい事なんだ、と感謝して

また、アメリカで15年も頑張ってきた主人の努力に感謝して、

16年目を大事に一日一日生きていこう、

とまたド真面目に思っておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかしね~、うちのベン、また今日も逃げ、3日くらい前も逃げ、

私は近所を走り回っておりました。

P1010102               ベン 推定5歳  趣味:逃走

 

ベン君、お願いだから、逃げるのはやめてください。

私はそろそろ、「いつも犬を追っかけているアジア人のおばさん」と近所で呼ば

れているかもしれません。

この頃ベンが逃げる理由は、うちの息子たちがバスケットをする時に庭のゲート

を閉めるのを忘れるからなのです。

それじゃあ、逃げますわな。

P1030510

バスケにいそしむ男子、遊んだ後はちゃんとゲートを閉めておいてください。

そういえば、引っ越してきた時、大人サイズのバスケットゴールは高すぎて、

次男君は全くシュートが入らなくて、

「僕はバスケ出来ない!」って言っていましたけど、

少し背が伸びたし、ちょっと遊んでいる内に近頃は上手になってきました。

私が靴下を毎日拾っている間に次男君はこうしてちゃんと成長しております。

出来れば靴下の脱ぎ捨てはやめて頂きたいのですけど、

シュートを決めて嬉しそうな顔をしている次男君を見ていると、

「靴下くらい、まっ、いいか!」と思えるのでした。

地味ですが、感謝の多い毎日であります。

今日も頑張りましょう!

« また簡単美味しい魚料理 | トップページ | サーモンの味噌バターオーブン焼きー最近オーブン料理研究中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


家族はチームで 母は大切な役割を果たしているものです

目に見えて 大きな変化を遂げた自分は居ないかもしれないけど

家族の一員として 母として 妻として 嫁として しっかり 役割を果たしているからこそ 家族が団結し 仲良く共に 暮らしているんだと思います

15年という 決して 短い時間ではない この間に グレースさんが果たした役割は 計り知れないと思います

そして 毎日 大きな事故や事件も無く 過ごせる事を 感謝して 私たちができる限りの事を 家族や回りの人たちにする事が大切ですよね

うんうん 記事を読んで 改めて そんな事を思いました

ありがとう!

これからも 良き先輩として グレースさんのことを頼りにしてるし 
ブロガーとして ブログ・フレンドとして 良い事を共有し合い 近況を知って 励まし合う関係が続けばいいなぁ~と思っています

あっ そうそう うちのでっかい犬族隊員 マサトも 何度も逃走した 脱走犯でしたが ドッグランのドアを二重にしてから 無くなりましたよ

cindyさんへお返事
もう~!本当に温かいお言葉、ありがとうございます。
やっぱりこういう言葉をかけてもらえると、地味主婦生活
もやる気がでますよ!

頼りにはなりませんが、浪花節な女子同士、励ましあって
アメリカで生き残りましょうね。
cindyさんのようなよい嫁にならなきゃね。
犬が逃げるのは、予防するためにはフェンス作りかえするか、庭に放しっぱなしはやめて私がずっと見ているかどっちかしなきゃいけないけど、どっちもね~。お金の問題と、私のLazyさの問題ね。^^
シカゴは寒いので、冬は庭に放して用を足してもらう事が多いのです。
寒さも問題だ~。

まあ、がんばります!よい犬のお母さんにならなきゃあ。
では、またね~。
ありがとうございました。

読みながら、うちも同じ同じ・・・なんて思いながら、GraceKさんの役割を自分の姿に重ねてしまいました。
15年間お疲れ様でした。Cindyさんもおっしゃってるように、普段のGraceKさんの何気ない行いこそが家族を守っているんだと思います。
地道だけどお互いこれからも異国の地で頑張って行きましょうね。(^^)
しかし、靴下ってなんでいつも脱ぎっぱなしなんでしょうね~(私も靴下集め係り。汗)

ベンくんの足開き、かわいい~!うちもたまに同じ風にしてますが、この姿が一番癒されて好きかも。。。
脱走しても追いかけないとしたら、やっぱり家には戻って来ませんかねぇ・・・?(^^;


mucciさんへお返事

こんにちは。
温かいお言葉ありがとうございます。
専業主婦になるつもりはなかった子供の時を思い出すと、これでいいのかしら、と思うこともあったのですが、私がいないと困る人がいるだけで幸せです。
いるだけでもいいんですよね。なーんて甘いか。
お互いにいえない苦労もあると思いますが、ふんばって生き残りましょう。

あ、ベンの脱走の問題点は、放っとくと必ずご近所の人が見つけてくれるので、ご近所で迷惑になっている事なんですね。
お隣さんなんか、みかけちゃうと必死で家族で探しにいってくれるような人達なので、悪くって。だから、いつも私が必死に探してます。(汗)

ありがとうございました。

実は私も、米国生活は、南部生活を含めると、
15年目を迎えて16年目に突入しました。
南部に行ったのは、1991年の湾岸戦争が終わって少し落ち着いた頃でした。
それから、数年滞在して日本に帰って、またこちらに戻って来たのですが。
全く持って、英語は上達しません。語学の才能全く無しです。
でも、本当に時間が過ぎるのって早いですよね。
本当にあっと言う間ですね。

tamaさんへお返事

同じくらいアメリカ生活しているんですね。あれ?何歳の時にアメリカに来たのかしら?
本当に、車の修理に行ったり、犬のお医者さんに行ったりしているだけで忙しく感じて、あっという間にすぎてしまいますよね。
英語はね~、どこでも用事が足りてしまうと、もう別にいいか、ってなっちゃって駄目ね。シカゴに来たら、アクセントがあっても下手でも、そんな外人ばかりだから、余計に気にならなくなっちゃった。

graceさんがtamaさんへのお返事でおっしゃるとおり
用事が足りてしまえば 本当に まあ、いいわ。ってなってしまいます。それで時々わからない事を質問すると 夫に「え!?今まで知らなかったの?」と驚かれたりします。でも普段必要ないと覚えも悪いし忘れるのはとても早いし(笑)

私も10年後に同じような呟きを残すような予感がします
(実在米歴 まだまだ6年目です) 

けろさんへお返事

最近はね、開き直りにはいってしまって、もう駄目ね~。。。
専業主婦だから、相手の言っている英語が分かれば困る事ってそんなに無いのね。電話で色んな会社に苦情が言えて、学校の先生とか、お医者さんとか、修理の人との会話が困らなくなったら、もう進歩が止まる~。
でも、たまに通訳をするときに、英語でそのまま理解するくせがついているので、日本語に出来なかったり、もう、いくらでも勉強しなくちゃいけないのよね~。
けろさんは、お仕事をしているから、きっと10年後には私のようにはなりませんよ、きっと。でも、私の呟きを覚えていて、自分で気を付けてね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/39679638

この記事へのトラックバック一覧です: 在米15年になりました。:

« また簡単美味しい魚料理 | トップページ | サーモンの味噌バターオーブン焼きー最近オーブン料理研究中 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ