2010 夏ボストン・メイン旅行

2010年8月18日 (水)

メイン旅行3

ボストン、メイン旅行記の続きです。

メイン州にも色々とあるでしょうが、私たちの滞在したのは海辺の町。

ということで、また海水浴。

0091

北の海は冷たいけど、若い男子は波にぶつかっていく~!

元気だなあ~!

0191

あまりに水が冷たくてずっと入っていられないので、野球をする子供達と夫。

野球初心者なのに野球のキャンプに申し込んでしまった次男君は、

翌週のキャンプを控えて練習です。

一生野球なんてやらないタイプかと思っていたのに、

この数ヶ月よく野球して遊んでいます。

0211

長男君はサッカー専門ですが、次男君のコーチとして活躍。

0412

そして午後からは、ミニチュアゴルフへ。

私は初めてアメリカに来た時(22年前)にミニチュアゴルフに出会って、

「アメリカといえばミニチュアゴルフ」というイメージです。

アメリカではあちらこちらにあって、「家族でやる事がないときにはミニチュアゴルフ」、

という感じの、よくやるものなのです。

042

誰でも楽しめて、家族で和やかにやるのにいいですよ~!

とっても楽しかったで~す♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、お昼ごはんには、タイレストランへ行きました。

お米が恋しくてね~!

038 

これは、長男君の大好物クラブラングーン。

中にかに(かま)とクリームチーズが入っていて、美味しい。

                                                      040

これは、次男君が大好きな春巻き。スイート&サワーソースをつけて、

ちょっとタイ風(?)

ミルミル無くなった。

041

お米だ~!

蟹チャーハン。

次男君が、「このチャーハンが今まで食べたチャーハンの中で一番!」

と言う位美味しい!

039

これは、マンゴーカレー。なあんて美味しいの~!

お米に飢えていたから余計に美味しいし。。。

042_2

いつも食べちゃうパッタイ。

これもいい!

田舎町にいると中華を見つけるのがやっとなのに、タイ料理屋さんがあって、

私達、本当に助かった~!

海外に行かれて経験された方が多いと思いますけれど、

やっぱりお米とお醤油の食事を長くしないと、

力が出なくなってきて、元気がでなくなるんですよねえ。特に私はね~。

このタイ料理屋さん、私達の救世主だった~!

ここにあってくれてありがとう!

手を握り締めて、応援したくなりました!

これで旅行記は終わりだと思います。

こんなものを最後まで読んでくださってありがとうございました♪

2010年8月17日 (火)

メイン旅行2~本当にきれいな物

またまた昨日の続きです。

ボストン観光の後、メイン州へ旅した我が家は、何をしたかというと、、、

007

やっぱり、ひたすら海遊び!

009

暴れまくって、、、

Mnbdfghj 

砂に埋まってみて、、、

058

小さいヤドカリを見つけて、、、

066

何やら一生懸命掘っていますよ~。何かなあ?お兄ちゃんは、

掘っているうちに股裂けになってるし~。

Lkresgh 見つかった~!

070

Sand dollarです。

素敵な模様があって、この辺りでよく見つける事が出来るので、

ちょっと名物みたいです。

3日かけて、合計4個見つけたけど、

2個は帰りに飛行機に乗ったりしているうちに壊してしまいました。><

うにの仲間らしいのですが、波にもまれている内に、

最初はついていた短いとげが取れてしまって、滑らかで貝のよう♪♪

054

実はこの海、北の海なので、とっても水が冷たかったんですよ~。

おばさんの私は足を入れるだけで精一杯(汗)

でも、この景色、やっぱり心が癒されますね。

052

波が砂に描き出した模様と、そこに反射する光のキラキラ。。。。

こういうものが、私にはダイヤモンドよりも魅力的です。

また明日もメイン旅行記をお送りします♪♪♪

2010年8月16日 (月)

メイン旅行~ロブスター♪

ボストン、メイン旅行記No.8です。

昨日までずっとボストン観光を6回続けて書いてきましたが、

やっとメイン州に移って来ました!

メイン州と言って、すぐにどこだか分かる日本人は珍しいはず!

ということで、、、

Mkoiuoi

これは、ニューイングランド地方の地図。

このすぐ下がニューヨークです。

ニューイングランド地方は、初めてイギリスから移民が入植した所なので、

「New England」と呼ばれるようになったわけです。

メインは、ボストンのあるマサチューセッツ州の北方、

大西洋岸の、アメリカ最北部の(アラスカを除いて)州です。

どういう所かというと、有名なのは、、、

Ukl

ロブスターと、Cram。

Cramは、クラムチャウダーのクラムです。アサリかハマグリか?

049

日本で見る貝類とはちょっと違うので、アサリともハマグリとも訳せない~!

メインで他に有名なことというと、、、

002

海!

 

Ujiokjok

車のナンバープレートには「Vacationland」と書かれているような、

海と森とシーフードが自慢の所。

つまり、のどかな田舎。

のんびりするのにはいい所ですが、一つ困ることは、東洋人が珍しいので、

ジロジロ見られること。

田舎に行くとね~、よくジロジロ見られたり、睨まれたりするんですよ~。

シカゴに住んでいると、そんなこと全然無いんですけど~。

 

 

さてさて、田舎の海辺の町に着いて、まずすることといえば、、、

シーフードレストランへ行くことべし!

どこまでも食欲か~!happy02

084

このお店、観光客で大賑わい。ファーストフードのようにカジュアルなシーフードレストラン。

087

お店の中はとっても大きくて、窓からの景色がとっても良かった~!

089

やっぱり田舎はいい。お店の裏がこんな。heart04

088

かもめがお店の残り物を求めて、裏に沢山来ていました。

次男君、勿論パンを投げていましたよ~。

090

丸ごと一匹ロブスター lovely lovely lovely lovely lovely 

「お醤油携帯用パック」持参です。へへへ。。。。

アメリカでは、ロブスターを食べる時は、溶かしバターをつけて食べるんですよ!

信じられますか?そんなことではいけないでしょう!

だから、お醤油とわさび持参で参りました。

わさびまで持って歩いていて子供たちには呆れられましたけどね、

お醤油があれば味の無いお肉でも美味しくなるので、旅行には持っていくのですよ~♪

そして、脳みそをすすって喜んでいたのは、日本人の私だけでしょうね。(でしょうね。)

だけどね~、この時、驚いたんですけどね~、

バターをつけて食べても美味しいと感じてしまいました!

私も、味覚がアメリカ人のように変わってしまったのねえ~。

私もアメリカ仕様に進化しているのですね。

091

これは、次男君のステーキです。次男君は肉食なので、シーフードレストランでもお肉。

044

ロブスターは美味しかったけど、アメリカのシーフードって、ちょっと残念。

アメリカでシーフードレストランに来ると、ロブスターと海老、

せいぜい牡蠣にクラム、白身の魚とサーモンくらいしか食べられません。

残念です~!

鰯や鯵なんかの青い魚はアメリカ人は食べないし、

鰹なんか釣っても、魚釣りの餌にしちゃうんですよ~!ああ、勿体無い。

そこの海でもっと色んなお魚が獲れるでしょうに~!

鰯なんか出してくれたらもっと嬉しいのになあ!

こんなんでメイン第1日目は終わってしまいました~。

長くなったので、また明日。

2010年8月15日 (日)

ボストンレッドソックスの本拠地ーボストン観光7

夏休みのボストン、メイン旅行から一昨日帰ってきました~。

9日も家を空けていると、家が恋しくなった~。

たまに家を空けるのも、普段当たり前の事に感謝するようになっていいですね。

自分の家が一番よね、やっぱり。heart04

さてさて、先週に戻りますが、私達は大リーグのボストンレッドソックスの本拠地、

フェンウェイパークへ参りました。

072

この日はレッドソックスはニューヨークヤンキースと試合で

ニューヨークへ行ってしまっていて試合はありませんでした。

試合を見るわけでもないのに、なんで行ったの?と思うでしょうが、

フェンウェイパークというのは100年近く前からあるボストンのランドマークなのです。

ボストンに行ったらフェンウェイパークを見るべし、といったところでしょうか。

まあ、うちは男の子が2人いるしね。coldsweats01

073

大きなお土産物屋さんがあって、レッドソックスグッズが山ほど売っていました。

一人だけ冷めていた私。。。

しかし、男3人は、目がランラン!lovely lovely lovely

075

せっかくだから、、、ということで、エースナンバー18番、

松坂大輔選手のジャージーを買いましたよ~。

3人分ね。happy01 happy01 happy01 

080

レッドソックスの試合はやっていなかったけど、

何かイベント中みたいで人は沢山いました。

079

古い球場で、球場自体にも独特の雰囲気がありますが、

周りの町並みも何だかボストンらしくて、時間があったらブラブラ歩いてみるといいですよ。

ただし、車を停めるのは大変です。電車で行った方がいい所でした。

077

では、今度こそ、メイン州に移動しますよ~!

明日は、メイン州の海岸の町にお連れします♪♪

2010年8月13日 (金)

ボストン旅行6-ボストン美術館2

ボストン旅行記No.6です。

No.1はハーバードとラーメン屋さん

No.2はホエールウォッチング

No.3は水族館

No.4はアジア食フードコート

No.5はボストン美術館の日本美術

でした。

さて、今日は昨日の続きで、ボストン美術館パート2です。

027

天井にはビニールに包まれた人!

どうしてビニールに包んだのか、作者にきいてみたい~!

028

モネです。

035

印象派の部屋。右の2作品はモネの睡蓮、左の3枚の絵はゴッホ。

東京で「ボストン美術館展」を見た時に、モネの睡蓮を見たと思うのだけれど、

これだったのかもしれません。

そうだとしたら、私もこの絵は20年振りの再会をしたことに。^^

032

これもモネです。けしの花畑。

やっぱり印象派は好きです。

それまでのカトリック教会からのプレッシャーのかかった制約のある画風や、

写真が無かった時代の、写真代わりの写実的な所が強い絵は、

どうも見ていると肩がこります。

自由に感性を表現するようになった印象派の時代の絵は、

見ているとホッとします。

~~~~~~~~~~

印象派は、光と天気の一定の効果に興味がありました。

そのせいなのか、この下の2つの作品はパッと見たところとても似た印象を受けます。

よく見ると、天候も場所も全く違うのですが、色の落とし具合が似ているのかな。

けだるいような空の色。

041 043

左の絵は、シスレーの1884年の作品

この下の作品は1875年のモネの作品。

この写真では分かりませんが、このモネの作品には雪が舞い降りているのが

描かれているのですが、その雪と傘の描き方に浮世絵の影響が見られるそうです。

1867年と1878年にパリで万博が開かれ、そのときに日本の浮世絵が紹介されて、

パリの画家達に新鮮な画風の要素を吹き込んでいった。

それで、モネも後期は浮世絵の影響が強い。

浮世絵の話しが出たところで、この有名な絵を、、

045

モネの1876年の作品です。

モネが日本の影響を受けたのが一目で分かる!

奥さんのカミールが豪華な着物を着て、

西洋人だということを誇張するために金髪のかつらをかぶっています。

これは、とても大きな作品で、一度見たら忘れないようなインパクトがあります。

私も、約20年前にこの作品が東京に来た時に見たのを、今でも覚えています。

あの時の私と今の私は大きく変わりましたが、

カミールはそこに変わらない姿で笑っています。

100年経って私達が消えてしまっても、彼女の姿は変わらずここにあるのでしょうか。

050

さて、お昼ご飯は、美術館の中のカフェで。

063

明るくて気持ちのいい空間でした。

061

私はせっかくボストンに来たから、クラムチャウダー。lovely

さらっとしていて、美味しい~!

062

海老のアジア風サラダ。白菜のサラダでしたよ。

057

ところで、日本庭園に行くのを忘れました。(汗)

ボストン美術館は、シカゴ美術館、スミソニアン、メトロポリタンと比べると

こじんまりしていましたが、やはり素晴らしく素敵な空間でした。

次は、ボストンレッドソックスの球場、フェンウェイパークです♪♪

2010年8月11日 (水)

ボストン旅行5-ボストン美術館

ボストン旅行記 No.5です。

ボストン美術館へ行ってきました。

世界でも有数の美術館と言われるボストン美術館、いつか来て見たいと思っていました。

もう20年くらい前に、東京で「ボストン美術館展」が開かれた時に、

大混雑の中を背伸びして見たことを覚えています。

あの頃は、そういう特別展の時にしか見られなかった作品がここにある!

あの頃はここまで来れるなんて、考えもしませんでした。

やった~!嬉しい~!lovely

001

玄関へ入るとまずは、楽器の展示の部屋があります。

005

滅多に見られないような珍しい楽器が部屋中に!

うちの息子達が一番気に入ったのがこのテノールトロンボーン。

19世紀初頭のドイツの作品ですが、龍の頭がついていて、

口の中の舌が動く仕組み。

こういう形は、19世紀半ばの、フランス軍のバンドでよく使ったそう です。

006

19世紀に行ってそのバンドを見てみたいなあ。

音楽をやる方は、この楽器の部屋は楽しいと思いますよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、ボストン美術館は日本との関係が深く、

日本美術の展示が素晴らしいという評判です。

20世紀の初めには、岡倉天心が在職しており、

敷地内には彼の名を冠した小さな日本庭園「天心園」が設けられています。

(ウィキペディアより)

日本人としては、ぜひとも拝見したい。

日本を離れて14年も経つと、日本の物が当たり前ではなくなってきます。

段々珍しく思えるようになるんですよ~。

007

日本美術の展示の、一番際立っているものが浮世絵でした。

これは歌川国貞の1860年の作品です。

上棟式の様子を描いています。

この絵もそうですが、浮世絵には刺青がよく描かれています。

009

これも、歌川国貞の作品。

012

これは、右の ページには、罪人に刺青を入れているところ、

左には首を切り落とすところを描いています。

江戸時代には、犯罪者には刺青を入れるというのは時代劇で見たことがあるなあ。

017

刺青続きですが、これはアイヌの女性の写真。

明治時代に廃止されるまで、アイヌの女性は、

12歳になると口の周りに刺青を施しそれが大人の女性の証しをなったそうです。

私はこの写真を見るまでそんなことは知りませんでした。

ボストンまで来てアイヌのことを学ぶとは。。。

なんだかショッキングな写真でした。

こんなことを言うと不謹慎ですけど、見た瞬間、「口裂け女」を思い出しました。

小学校の時、「口裂け女」の噂が広がっていて、

一時期一人で外を歩けなかったなあ。

さて、他に私が気に入ったのは、この18世紀の漆のお香入れ。

022

これと同じようなものが、マリー・アントワネットの漆コレクションの中にあるそうです。

当時からヨーロッパに漆製品が渡っていたのですね。

025

1867年に開館したそうですが、建物はすっかり改築してあって、

どこも新くて気持ちのいい空間でした。

長くなりますので、またこの続きは明日♪♪

2010年8月10日 (火)

食べたかったアレ!ーボストン観光4

ボストン、メイン州旅行中です~heart04

ボストンは、日本企業がほとんど無いらしく、日本からの直行便も無く、

日本の食料もそんなに豊富でないとか。

そんな町ですけど、私が至極気に入ったフードコートがあります。

Super 88 Marketの中にある、アジア料理店が10軒近く集まった、

まるでアジアのどこかの横丁のようなフードコート。

010

この中に、先日ご紹介したラーメン屋さんもありました。

台湾、中国、香港、韓国、ベトナムなど、各国の料理が安価で気軽に楽しめる。

夫はボストン在住のお友達と飲みに行ってしまったので、

私と息子達はここで夕飯。

私は韓国料理で、長男は香港料理、次男は中国料理と、

別々のお店で好きな物を買って食べられて、わがまま放題出来るのでみんな満足!

073

こんな所は、アメリカに住む日本人にはとっても嬉しい!

アメリカで旅行中、どうしてもハンバーガーとかステーキとかになりがちなので、

お米がたべたくなるんですよね~。

だから、こういう所は本当にありがたい!

日本だったら、どこにいってもおにぎり買ったり、

お蕎麦食べたり出来るけど、アメリカだと一番手軽なのはハンバーガーかホットドッグ。

飽きました~!

車の旅行の時は炊飯器を車に積んでいきます。

これは、日本人はみんなそうですよ。

でも、今回は飛行機だったので、炊飯器は持ってこれなかった。><

だから、お米のあるこういう所に引き寄せられる~。

079

これは、韓国料理店の餃子。揚げ焼きで、息子達の好物。

076

これは、最近長男君のブーム、ワンタンスープ。

これはお店によってピンキリなんだけど、ここのは美味しかった~!

そして、これが、私が食べたかったアレです!

077

これですこれ!

これは、韓国のトッポギというもの。

冬ソナの中で出てきたと思うのですが、韓国では、おかずというよりも、

おやつに食べることが多いらしい。

韓国人のお友達が、学校の帰りに買い食いしていた、と言っていました。

私はそのお友達が作ってくれて今までに一度だけ食べたことがあったんだけど、

美味しくて、大好き!

このフードコート、他にも食べたい物がいくつもありました。

超お勧めです。

085

帰りには、夕日がきれいでした。

093

お腹一杯で見たボストンの町の景色。

次は、ボストン美術館へ行った時のお話しを。

今日もご訪問ありがとうございました。

2010年8月 8日 (日)

ボストン観光3-ボストン水族館

夏休みのバケーション、ボストン、メイン旅行中です。

これまでのお話しは、ボストン観光1(ハーバードとラーメン)と、ボストン観光2-ホエールウォッチング(鯨と会えました)をご覧下さい。

さて、ホエールウォッチングの後は、ボストン水族館へ行きました。

ホエールウォッチングの船が出る所のすぐ横に水族館があります。

033

夏休みの土曜日とあって、チケットを買う列が長ーい。30分待ち。

036

私、くらげが好きです。

039

幻想的でしょう。

0471

これは、写真では分かりにくいですけど、電気が通っていて、黄色や緑や赤の光がキラキラと体の中を伝わっていて、面白い~。

049

この水族館の人気者は、ペンギンさん達。

051

うちの男子達に人気だったのは、この鮫~!

歯がご立派!

065

ダイバーが水槽の中に入って餌付けをしていました。

棒の先に魚を刺して待っていると、鮫さんがスーッと泳いできて、パクッ!

059

大きな水槽の中には、色々な形と色のお魚が泳いでいて、私と子供達は夢中になって観察。

私は、長いアメリカ生活で「慢性お魚食べたい病」なので、お魚を見ては、

「あれ美味しそう~!」と言い、

次男は、「あれ、顔が面白い~!」とか、「あれ、色がきれい~!」と言い、

サッカーと空手をやっている長男君は、鮫を見たら、

「あれは俺のキックでも倒せないな~!」

と言い、鰹くらいの魚を見て、

「あの魚なら倒せるなあ!」punch

と言う。

三人三様、魚を見ても考えることは大違い!(笑)

しかし、うちの長男君、どうして魚を見て倒せるか倒せないかをまず考えるのでしょうかね。happy01

お子さんが居る家族は、水族館によく行くと思うのですけれど、

私は特に水族館マニアです。

今までに行った水族館の数はまあまあのものです。

その中でも、一番はやっぱりオーランドのシーワールド。(これは水族館と呼んでいいのかな?別格ですね。)シーワールドが10点だとすると、

鴨川シーワールドは7点(シャチがいる分点が高い)、

シカゴの水族館は5点、

ボストンは3点といったところで、低得点でした。(イルカがいないのが致命的><)

しかし、ボストン水族館にいた、何年トレーニングしても何も芸を覚えられないあざらし達が何とも可愛くて、それなりに楽しかったのでした。

どんな水族館でも、やっぱり楽しい。水族館大好きです!

もしよろしければ、応援ポチッとお願いいたします。heart04

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキング 

2010年8月 7日 (土)

ボストン観光2-ホエールウォッチング♪

現在ボストン滞在中です。エヘへ。happy01

「私が死ぬまでにしたいことのリスト」の中に、「鯨が海を泳いでいる姿を見る。」

というのがありまして、

今日実現しました~!lovely

今まで、イルカを追いかけてあちらこちら行きましたが、鯨は初めて!

私の今回の旅行の目的は、ただひたすら鯨ウォッチングツアーだったのです。

005

一番大きくて早い船を持っているという会社を利用しました。

船酔いしたくなかったので、なるべく大きい船で、素早く帰ってこれる方がいいと思って。

酔い止めも飲んで、日焼け止めを塗って、帽子とサングラスと上着も持って、準備万端!

私達家族は、一番上のデッキの一番前に居場所を取り、さあ、出発~!

この船、やっぱり早かった。

船がスピードを出してきたら、強風が襲ってくる!と思っていたら、もっとスピードアップして、豪風に~~!!!

サ、寒い!上着持って行ってよかった~!

帽子、せっかく持ってきたけど、飛ばされる~!かぶっていられない。

室内に入ろうかと思ったけど、やっぱりいい場所をとって置かないと~、と思って、頑張って動かなかった。

で、でも、風が強くて、とても立っていられない~!

若いうちに来て良かった~!これは、体力使う~!

風に吹かれるのって、こんなに辛いことなんですね。海の男を見直してしまいました。

海の男たちに思いを馳せていた私の横で、息子たち、酔い止めを飲んだのに、やっぱり船酔いしていた。

駄目だな、うちの子達、ネイビーに入れないな。

私と夫は全然酔わなかったけど、乗り物に弱い方は、酔い止め薬を飲んだほうがいいかもしれませんね。

011

しかし、次男君、いつも面白いな 。

風に耐え切れなくて、丸まった。この後上着を着せてあげたけど、丸まったままだった。

デッキにいるのをあきらめて中に入る人が次々と出て行く中で、私達、踏ん張った。

この状態で1時間位待ったころ、

015

見えた~!

Humpback whale!(ざとうくじら)

他にも何頭も見えたけど、近くでよく見えたのは、母子の鯨。

022

海洋生物学者の人が説明をしてくれたんですけど、

お母さんの名前は、Midnight。

子供のほうはまだ小さいから名前がないけれど、ここで見える鯨には皆名前を付けるそう。

しかし、どうしてこれがMidnightだって分かるんでしょうね????

親子でとても仲良く泳いでいます。

017

他の船も同じところでウォッチング。

鯨の居るところって、大体決まっていて、どこの会社もここに集まってくるのですね。

船からは、鯨の全体は見えません。

全体像を見たかったけど、そう都合良くジャンプしてくれるわけもありません。

頭を見たかったなあ。

見れたのは小さい鯨で、「本当は、もっと大きいのが見たかったなあ。」と思いました。

科学の本を何冊も丸暗記している次男君に、

「大きな鯨はどこにいるの?」と聞いたら、

「太平洋!」と即答。

ボストンの海は、大西洋だしな。まあ、アメリカ大陸からの距離も大した事無いしな。

ハワイなんかなら、もっと大きい鯨に会えるのかなあ。

次なる野心がムクムク~!

ハワイ、行けないかな。

もしよろしければ、応援ポチッとお願いいたします。heart04

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキング 

2010年8月 6日 (金)

ボストン観光1

今日は、シカゴからボストンまでピューッとヒトッ飛び!

遊びに来ましたボストン、マサチューセッツ!

お昼頃着いて、ハーバード大学へ。

002

うちの夫が用事があってやって来ました。

ハーバード大学医学部でございます。

歩いている人がみんな賢く見える~!

それで、私達ももしかしたら歩いているだけで賢く見えないかなあ、と思っていたところ、、

005

「HARVARD MEDICAL SCHOOL」という彫り文字の下で、お馬鹿加減発揮!

どこにいても二人で暴れております。

001

お昼ご飯は、時間が無かったので、ハーバード付属の子ども病院のカフェテリアで済ませる事に。

009

この子ども病院の玄関にあるこの仕掛けが、それはすごい。

ボールが中で20個くらい動き続けるのですけれど、てこの原理とか、電気は使わない動力だけで動きます。すごーい凝った、計算しつくした仕掛けで、次男君は釘付けになって動きませんでした。

006

釘付け中、20分経過。

これ作った人、すごいと思う。

この後も、ハーバードの周りをうろうろして、一日終わってしまいました~。

ハーバードキャンパスの感想は、、、人々が皆やることがあって、それに向かってまっすぐ突き進んでいるよう。

東京の通勤時間に見る人々の雰囲気と少し似ています。忙しいのでしょうが、

テネシーで歩いている人々とはなんだか目の色が違うような。。。

先入観でしょうかね。テヘ。

010

夕飯は、この中に入っているラーメン屋さん。

011

ボストンらしい箸立て!

お店の中は、昔の日本のラーメン屋さんみたい。懐かしい!

013

いいですねえ~。気分が盛り上がるのぼり。

012

息子たちが「欲しい~!」と夢中になっていたボストンレッドソックスのヘルメットをかぶったドラえもん。「ブログにのせて。」ですって。はい、かしこまりました。

014

とんこつ醤油ラーメン。lovely

015

牛丼。happy01

おいしゅうございました~。ご馳走様♪♪

さあ、明日は、ホエールウォッチング(鯨を見にいくんですよ。)ですよ~!

楽しみ~、ワクワク♪♪♪

もしよろしければ、応援ポチッとお願いいたします。heart04

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキン

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ