« 残り物活用で美味しいお料理4種 | トップページ | アメリカで野菜料理19&20 »

2010年9月16日 (木)

人に勝つという価値観

シアトルマリナーズのイチロー選手の名言に、

「人に勝つという価値観では野球をやっていない。」

というのがあります。

0301

なんだか彼らしい。

「ホウ~!」と感心。

やっぱりかっこいいなあ。

昨日テレビで、ブラッド・ピット主役の「Seven Years in Tibet」という

映画を見たのですが、その中で、チベット人の女性の台詞が印象的でした。

Ioleq_2

「西洋では、高いところへ、高いところへと上っていく人を

評価するけれども、チベットでは

自分のエゴを捨てられる人が尊敬される。」

というような意味のことでした。

チベットは、ダライ・ラマを仰ぎ見る仏教国です。

国民みんなに仏教の考え方が浸透しており、私達の考え方とは全く違います。

人よりも上に、という競争の中で生きていると、大事なことを見失いがちです。

人に勝つこと、人よりもお金持ちだったり、美人だったりするのが大事だという

価値観が自分を支配してしまうのは悲しい。

とかなんとか言って置きながら、顔の皺やしみはやっぱり消えて欲しいのですけれど、

そういう価値観ばかりに囚われて整形手術ばかりしているようにはなりたくない。

アッ!話がすごいずれていますね~。エヘへ。

とにか~く!他の人と自分を比べるのではなく、

自分自身に勝つようになりたいです。

この映画ですが、日本では「セブン・イヤーズ・イン・チベット」という題(そのまま!)です。

1997年の作品で、ブラピー演じるオーストリア人が、

チベットに住んでダライラマと交流もした経験を描いた実話です。

13年も経ってからやっと観ましたけれど、

この年になってやっと理解出来る内容でしたから、丁度良かったです。

同じ世界にこんな所があるのだと、驚きと憧れの気持ちが湧き出ます。

昔の話ではありますけれども、恐らくチベットは当時とそんなに変わっていないのでしょう。

自分の価値観を見つめ直させる、お勧めの映画です。

« 残り物活用で美味しいお料理4種 | トップページ | アメリカで野菜料理19&20 »

まじめな話」カテゴリの記事

コメント

とてもためになりました。
エゴを捨てるって、難しいですね。
人との比較ではなく、自分自身を向上させるべく
がんばりまーす。Kei

Kei様へお返事
私なんかエゴのかたまりですよ~。でもそれを意識しているだけでもちょっといいかなあ、と思っています。
もともとはブラピーが格好いいから観た映画だったのに、感動して得しちゃいました♪
ミーハーも物を考えられて、映画っていいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/36667673

この記事へのトラックバック一覧です: 人に勝つという価値観:

« 残り物活用で美味しいお料理4種 | トップページ | アメリカで野菜料理19&20 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ