« a few って言われたら、、、 | トップページ | 手作り飲茶の一品&ドジ話 »

2010年5月27日 (木)

アメリカで生きるための英語の訳し方の一例

昨日の続きです。

昨日、私の日産クエストのエアコンが壊れて、日産のお店に行った。

修理に時間がかかるというので、無理を言ってお店の人に家に送ってもらうことになった。

送ってくれると言わせたことで満足して、待合室でのんびり待っていた。運転してくれる人がすぐに確保できるはずも無く、20分くらい待たされただろうか。

ああ、そういえばやっぱり「a few minutes待って下さい。」って言われた。「a few minutes 」って言うけど、20分、30分だったりする。やっぱり「a few」っていうのは曲者だ。

(*「a few」と  「a couple」については昨日の記事を読んで下さい。)

さて、「車の用意が出来ました。」と言われて、案内されて行ってみると、まだ全然用意できていなくて、「in a second」で用意出来ると言われた。

またここで問題な英語ですねー。「in a second」って、直訳すると「一秒後に」ってことですが、それが一時間後であることなんてよくある。子供が言う時は、いつになるか分からない。

私はこういう場合は相手がちゃんと働いている大人なので、in a second=10分くらいと訳す。それぐらいにしておくとイライラしなくていい。このときは、実際は5分くらい待つだけで済んだ。(子供が相手の時は、3日くらいに解釈する。うちの子だし。)

さて、車を運転してくれる人が現れて、私の担当のジェフが、「ああ、もう乗れますよ。」と言った瞬間、運転手がどこかに消えてしまった。そこでジェフ、今度は、「for a minute」待って下さい、と言った。

さあ、今度はどれくらいかかるのか~。

ジェフが朝最初に(昨日の記事で)、「a few hours」って言ったのは、本当は4~5時間と言う意味だった。  「a few minutes」って言って待った時は、20分だった。  「in a second」と言った時は、5分だった。そして、今回の 「for a minute」だ。

頭の中で、長めに長めに訳す。こうしないと、自分が疲れる。

ジェフの言い方が悪いのではなくて、アメリカではこういうのが普通の言い方なのだ。

英語を日本語に訳して頭の中で考えていると、生活するのに疲れてしまう。つまりどういうことかというと、「すぐ」って誰かが言った、と思っていてそれを待っていても、アメリカの「すぐ」は、すぐではないことが多いからだ。というよりも、「すぐ」という言葉が無いものと思うくらいのほうが、アメリカでは丁度いい。

もちろん、本当にすぐに何かをしてくれることもあるのだけど、それが日本で起こるように確実には起こらない。

こういう文化だから、アメリカ人は待つのが得意だ。待たされて怒っている人を見たことがない。

他にも色々と感覚の違うこと、英語を日本語に直訳してしまうと疲れてしまったり、誤解の種になることが色々ある。

英語は、日本の感覚ではなく、アメリカ感覚で理解できるように少しずつしていかないといけない。

これはちょっとした例だけれど、アメリカで生き抜くためには、日本語の直訳では駄目で、アメリカ感覚でひねって訳すことが必要だ。

それをしないと、自分だけ怒っていて、アメリカ人に、「何で怒ってるの?」とびっくりされることになる。

さて、結局このときの「for a minute」ですが、結局3分ほどでした。いい線いってましたね。

また英語の話しで長くなってしまいました~。

また続きは明日。明日は、この後起こった私のドジ話~!

よろしかったら応援のクリックをお願いしま~すheart04

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

« a few って言われたら、、、 | トップページ | 手作り飲茶の一品&ドジ話 »

アメリカ」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

そういえば  I'll call you later! とか See you later, ってよく使うけど 日本語の
”後で”っていう意味よりも ”また電話するね”とか ”またね”っていう意味で使われる方が多いですよね。 たしかに今週 エアコンないと車はつらいですよね。 

Cherry様へお返事
こんにちは。コメントありがとうございます!
アメリカにいると、とにかく気が長くなりますよね。なんでもゆったりしないと。エアコン、直ったのでやっと排気ガスを吸わなくてもよくなりました!(^^)

さっきから、娘が「ママ、一緒にゲームやろうよ」
私「今ちょっと大事な用事のお手紙書いてるから」
10分後
娘「ママまだ?」
私「はいはい、あーグレースKちゃんのメールチェックしなくちゃ」
娘、「マーアマアーー。早くううう」
私「もうすぐ終わるからねちょっと待っててー」
娘「ママ、早くうー」ついにこちらに向かって歩いてきた。
私「はいはいはいよ。もうすぐ、本当にすぐ終わるからね」
娘、腕組みをして別の部屋に行き夫に告げ口をしに言った。
私逆きれ「だから、今大事な用件でメールしてるの!!」
その後、娘は別室にボードゲームを持っていて夫と遊んでいます。
英語の事言えません。
私、ちょっと待って、本当にすぐだから、
と一日に何回言うでしょうか??そして、自分で重要度を判断しているので、かなり悪質だと思います。反省。

Bellemeecoさんへお返事
そうですね~。確かに、うちのだんなさんにアイロンかけて、っていわれた時は、いつになるか分からないもんな。わたしも同じ事やっています~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/34903711

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで生きるための英語の訳し方の一例:

« a few って言われたら、、、 | トップページ | 手作り飲茶の一品&ドジ話 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ