« また柔らかいお肉のレシピです。豚ヒレ | トップページ | アメリカで野菜料理12アスパラのフレッシュトマトソース&ちょっといいこと »

2010年5月16日 (日)

地味に日米比較ー躾

アメリカで子育てしていると色々思うことがあります。

お友達の体験なのですが、ある日、小学校の低学年の息子さんのクラスで、日本のことを教えました。

アクティビティの一つで、子供達と一緒に皆で御寿司を作ることになり、「のりは食べられないかなあ。」と思った彼女は、のりの代わりに家で何十枚もの薄焼き卵を焼いていきました。

薄焼き卵をキレイに何十枚も焼くのは、とても大変ですよね~。薄焼き卵以外にも、彼女は心を尽くし、材料やら教え方やら用意していきました。

さあ、準備は出来て、当日。子供達は大喜びで海苔巻きならぬ薄焼き卵巻きを作って、楽しく時間は過ぎました。

しかし、「さあ、食べましょう!」という時、何人もの子供達が、

「先生、これ要らないから、ゴミ箱に入れてもいいですか~?」と言いました。

そして、先生の答えは、、、、、「OK!」

こういうことが、アメリカにいると起こります。

この先生が変わっているのではありません。

「食べたことがないかもしれないけれども、○○君のお母さんがこれだけ準備してくださったのだから、一口だけでも食べてみようね。日本の味を体験するのが、今日のお勉強なんですよ。」

日本の先生ならこういう風に教えてくれるでしょう。

アメリカの先生は、そういう人はとても少ないと思います。

衛生管理上、持って帰ってはいけませんので、結局は捨てることも起こるでしょうが、「見たことも食べたこともないものだから、No thank you!」と言って、ただ捨てることを許してしまうなんて、日本ではありえません。

こんなところで子供を育てるのは、不安ですよ~!

家庭でしっかり教えなくてはいけませんな。

その話を聞いていて、思い出したのは、長男が幼稚園に入った3歳の時のこと。まだアメリカの学校へ行ったことのなかった私は、驚くことが一杯。

まず驚いたのは、お米をおもちゃにしていたこと。

建物の中で、お米を砂場の砂のようにして遊んでいたのです。砂場のように広くはなくて、ほんの小さいたらいのような物に入っていたのですが、「お米は一粒も残さずに大事に食べなさい。」という両親に育てられた私は、お米をおもちゃにするというのがなんだか見ていて苦しかった。

それで、お教室に入ったら、テーブルに先生が腰掛けていてまたびっくり。

「テーブルには座ってはいけません!」と思っていた私の常識が~!

こんなことだらけなのです。

とは言っても、公共の場で見るアメリカ人の子供達は、皆日本人の子供よりもお行儀がいい。

親の躾は、全般的に言ってアメリカ人の方がちゃんとしているように思えます。

お買い物なんかしていても、子供達はちゃんと大人しくしていて、アメリカの子が暴れているのはほとんど見たことがありません。

以前、大きなアウトレットモールに行った時に、後ろから「ギャアアア~!ウワワワア~!」と叫びながら子供達が走ってきました。「あら、こんなところで子供が暴れるなんて、なんて珍しい!」と思って、見ると、日本人でした。親は後ろからゆっくり表情も変えずに付いて来ていて、日本語でおしゃべりの真っ最中。

彼らは全く気がついていないようでしたが、とっても目立っていました。

公のところで静かに出来て、小さい時からしっかりと挨拶し、目上の人に対して礼儀正しいのは、アメリカ人の方ですね。

うちの子供たちも、色々と問題ありです。アメリカと日本の悪い所を取って成長しそうでとってもこわい~!

毎日子供をしかってばかりで疲れています私です。

もしよろしけれは、応援のクリックをお願いしま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←ここを押してね。ありがとう♪
にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキング 

   

« また柔らかいお肉のレシピです。豚ヒレ | トップページ | アメリカで野菜料理12アスパラのフレッシュトマトソース&ちょっといいこと »

アメリカ」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

コメント

最後のセリフに同感です、、。
こっちで子育てしてると、自分の常識と周りの常識にズレがあったりして疲れる事が多いです。
それにしても先生の一言にはやっぱりショック、、。
今月末、中学校の調理実習でお寿司を作ることになってるんですが、どんな風になるのやらドキドキします。

お互い日本と今住む現地の良いところだけを取りながら育児が出来るといいのにねぇ、、。はぁ~

子供って、悪いことばかり覚えてくれて、思うようにはいかないことばかりですよね~!
中学生だから、ちゃんと気を使って食べてくれるといいですね。そうそう、スイスの人は、割と日本人に似ていてきっちりしていると聞いていますが、本当でしょうか?それならアメリカ人よりは食べ物を大事にしそうな。。?^^

息子が幼稚園の時、おにぎりを持ってって、のり=Seaweed=気持ち悪い!てからかわれてショック受けてました。それ以来、人前でおにぎりを食べるのに抵抗のある息子。。。

時代は代わり、お寿司はとってもお洒落な食べ物に変身しました。子供達もレストランで食べ慣れてるので、学校でも大好評!
お弁当にスーパーのお寿司を持ってくる子もいるほどです。
自分でお寿司をつくれるのはとってもカッコイイ事みたい。
エビ、又はスモークサーモン+クリームチーズの組み合わせ、海老フライののり巻きを作るとあっという間にお皿が空っぽになります。邪道でも自分で好きなように作れるのが楽しいんだよね。

Nochimichisaripon様へお返事
えびのフライとか、てんぷらの御寿司って、こっちの人には一番人気らしいですね。今度作ってみます。

しかし、御寿司に慣れているのは、裕福な地域の子達でしょうね。アメリカ南部のフードスタンプで暮らす人たちには、御寿司なんて縁がないでしょう。なんじゃこりゃ~!みたいなね。(^^)うちもレストランで御寿司を食べるのは年に何回か、スーパーのおすしでも、高くて買えないもんね。(^^)家で手巻き専門です。(泣)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/34730232

この記事へのトラックバック一覧です: 地味に日米比較ー躾:

« また柔らかいお肉のレシピです。豚ヒレ | トップページ | アメリカで野菜料理12アスパラのフレッシュトマトソース&ちょっといいこと »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ