« おばさんも悪くない | トップページ | ボランティア »

2010年4月10日 (土)

アメリカにある日本の学校のご案内

今日は、子供達の日本語補習校の入学式&始業式でした。lovely

いつもは子供達はスクールバスで通っていて、私はここには滅多に来ませんが、入学式ですから、張り切って行って来ました。(^^)

私ったら、15年前に買ったワンピースを着て行きましたよ~。

アメリカでスーツを買うのは、日本人体型の私には困難すぎてあきらめ、古ーいワンピースで出掛けました。主人と結婚する前に、主人の実家に二回目にお邪魔するために買ったような。。。

写真を載せようかと思ったけれど、今日沢山の方にお会いしたので、「アッ!これは、今日会った、あのおかしな人だ!」と思う人が必ずいると思うので、やめておきました~。happy01

P10002171

シカゴの日本語補習校は土曜日だけの学校ですが、月曜から金曜にある、全日制のシカゴ日本人学校の校舎を使っています。以前アメリカの町の学校だった校舎を借り受けているので、ちゃんと学校らしく、大きな体育館も、立派な図書室も、校庭もあります。

P10002181

日本人学校らしく、桜の木が何本か植えてあります。

やっぱり、入学式と言えば桜ですもんね。

みなさん、この前で写真を撮っていましたよ~!

P10002231

テネシーの時は、補習校は大学の校舎を土曜日だけ借りていた為、こういう日本語の掲示物はありませんでした。やっぱり学校中に日本語があふれていると、単純に嬉しいです。

P10002201

補習校は土曜日だけですから、生徒会はありませんが、全日制の校舎だから、「生徒会年間活動計画」なんて物が貼ってある!本当に日本にいるみたい!

P10002221 あちこちに日本語が!

P10002211

でも、やっぱりアメリカにある日本人の学校です。英語も並記されていることも。

P10002241

現地校でもやっていますが、リサイクルの呼びかけ。空き缶を集めています。

P10002251

補習校は土曜日だけの学校なので、「Saturday School」と呼ぶこともあります。

P10002271

小学校一年の教室なので、ロッカーのことを、「ろっかあ」と書いてあってなんだか懐かしい。これからカタカナを学ぶのですね。がんばってください!

P10002281

職員室は、「Teachers’ Room」って言うんですね。アメリカの学校には全く同じ役割の部屋がないと思うので、この言葉は初めて聞きました。普通先生が集まる休憩部屋は、「Teachers’ Lounge」って言いますね。

P10002291

こんな注意書きを見られるのも、アメリカにある学校だからなのでしょうか。

こんなこと、日本にある学校には書いていないのではないですか?

それとも、最近は子供達もマナーが崩れているので、どこでも書いてあるのかなあ。

P10002301

この日の入学式、幼稚園と小学一年生は100人くらいずついたような。。。

すごい数ですね。

でも、もっとすごいのは、高校一年生が、40人くらいいたと思うのです。

高校になっても補習校に通い続ける人が多いのが、この補習校の特徴です。

アメリカに長く住むと高校まで補習校の勉強についていくのは、相当厳しいのですが、皆頑張っていますね。

ここから、帰国子女枠で、日本の大学を受験して、大学から日本に帰る生徒さんも多いそうです。

わが息子達は、どこまで頑張れるかなあ~?

どこまで頑張れるか分かりませんが、こんな立派な学校があって恵まれていますね。

ランキング応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ←ここを押してね。heart04

にほんブログ村

携帯の方はこちらをクリックしてください。Thanksheart01

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <a href="http://overseas.blogmura.com/america/">アメリカ情報ランキング 

« おばさんも悪くない | トップページ | ボランティア »

子供」カテゴリの記事

コメント

入学式おめでとうございます。

言われなかったら、まるで日本の学校みたいですね。
生徒数の数にも驚きますが、高校まで通ってる生徒さんがいるなんてすごいですね!
本人はもちろん、そこまで続けられるのは家族のサポートなしでは大変でしょうね。

礼儀・・・こういったマナーをちゃんと教えてくれるのは有難いですね。

さすが、大都会ですね。補修校とは言え、その人数なら本当にすごいですね。
学校内の写真もいろいろありがとう。なんかノスタルジックになっちゃた。
音楽の授業とかあったらいいのにね。日本の歌を子供に教えたいなー。
それにしても、15年前のワンピースが入る体系って
うらやましいです。
私は15年前に日本から持ってきた洋服は2着だけ
希望を持って残してありますが、たぶん入ることはないと思います。

mucchiさんへお返事

そう、家族のサポートがすごいと思います。
うちの息子達の面倒は、もうそろそろ私には見られなくなっています。
いうこと聞かないんだもん!pout

Bellemeecoさんへお返事
へっへっへ!15年前の服っていったって、もちろんベルトなんかない、ソトーンとしたウエストパカパカのに決まってるじゃないですか~!
ウエストのサイズ、10センチくらい増えてるよ~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/34171581

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにある日本の学校のご案内:

« おばさんも悪くない | トップページ | ボランティア »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ