« 夫の救出のためカリフォルニアへー6~もうすぐで終わりなのに、、、 | トップページ | あきらめないで自信を持って! »

2010年3月17日 (水)

夫救出のためカリフォルニアへ7~旅は最後までドタバタ

heart04もう飽きてきた方達も多いことかと思いますが、

まだ夫救出話です。heart04

最初からお読みになる方は6つ前の記事からお読みくださいね。

面倒ですみません。

さて、いよいよ飛行機に乗って、LAからシカゴへ帰れる。

本当はもう少しいて観光したかったから、悲しいけど、嬉しい。

こういうのを、英語でbitter-sweetというのかな?

帰りは、夫が術後ということで、

夫の勤め先の人が気を利かせてファーストクラスを取ってくれた。

私の分は自腹なので、家計に相当響くけれど、

こんなことでもなければ一生ファーストクラスなんて乗らないだろうから、

まあ、いい経験だ。♪♪♪

Fc 

乗り込むとまず最初にコートをハンガーにかけてくれることに感動。heart02

そんなこともしてくれるのか~。

一生知らないで終わるところだった!

ファーストクラスのルールを知らないため、

周りの動きを観察してしまう。

私の「周りを観察する癖」は、小さい頃からだけど、

アメリカに来て、英語の聞き取れない時期に余計するようになった。

その割には昨日のバス乗り場のような失敗してるけどね。sweat02

夫は、やはりやわらかい椅子にゆったり座らないと体が辛く、

このファーストクラスの席には助けられた。

ふっかふかheart04

シートの幅が広くて、落ち着く~!lovely

コーヒーも食事も全て陶器の食器で出てくるし、

ナプキンは紙ではなくて布だ。

FAの笑顔さえ違う。

恐らくFAの彼女達も、ファーストクラスにいるときは

笑顔が無意識に大きくなってしまうのではないのかしら。

昔からユナイテッド航空にはいい印象が無かったのだが、

なんといってもコーヒーがスターバックスのコーヒーで、とても美味しかった。cafe

これは、エコノミーに乗っても同じコーヒーが飲める。

コーヒーだけのことだけれども、私の中でユナイテッドの株は急上昇!

サービス業は、小さなことが大事ね。

この便は、はじめの方はよく晴れていて、

地上がよく見えた。LAを離れてすぐに何も無くなり、

二時間くらい山しか見えない。広大な山岳地帯が続く。

P1030550

改めて、アメリカは広い、と感心した。

シカゴまであと1時間位の所で、雨雲の中に入り、

すごく揺れて怖かったが、なんとか予定通りにシカゴ空港へ着陸した。

この時すでに夜の8時過ぎ。

子供達を預かってもらっているお友達に、

荷物を受け取ったらすぐにお迎えに行くので、と電話した。

ところが!荷物が出てこない。私達の荷物だけではなく、

乗ってきた飛行機の荷物が全部出てこない。

周りのアメリカ人達は、まちくだびれてコンピューターを取り出して

仕事をしている人もちらほらいる。

40分待っても出てこなくて、オカシイ、と思いはじめたころ、

荷物の載るベルトコンベアーが、ピタッと止まった

Turn

それでも、周りのアメリカ人たちは、何もしない。

本当に、アメリカ人というのはのんびり待つことが出来る人々だ。

説明のアナウンスも何もないのに、ジーっとしている。

夜遅くて、近くには係員は誰もいないので、

私は少し歩いていったところにある、荷物の苦情係の所へ行った。

Imagescamkx7j9_2

係りの女性に事情を話すと、どこかに電話してくれて、

「雷が鳴っているので、荷物を出せなかった、と言っています。

これからすぐ出すそうですから、お戻りください。」と言う。

「蕎麦屋さんの出前」でないといいけれど、

と思いながら後ろを振り返ると、同じ便に乗っていた人たち5人が、

係りの人が私に話している言葉を聞いてきびすを返して戻る所だった。

どうしてアメリカ人が何十人もいるのに、私がお問い合わせ係なの~!

みんな、もっとしっかりしようよ。

一緒に後ろから付いて来た彼らはまだいい。

もとのベルトコンベアーの所に戻ると、何十人もの人々が、

私の得た情報も全く知らないのに、

未だにのんびりとひたすら荷物を待っている。

彼らは日本に来たらきっと困ることだろう。

なんてのんびり屋さんばかりだ。

私も、結構のんびりしているけれども、

この時は子供のお迎えに行かなければいけなかったし、

夫は疲れているしで、気が焦っていた。

更に10分ほど待った頃、荷物がやっと出てきたが、びしょびしょだった。

荷物を運んでくれる人達も寒いのに濡れたのだろう。

立派な人々である。

オヘア空港で拾うタクシーは高いので、

私達は予約していたタクシーに乗り込み、やっと帰途につくことができた。

お友達の家に着いたら10時過ぎだったけれど、

かわいい息子達に会えて本当に嬉しかった。

考えてみたら前日の朝に別れたばかりだったのに、

一週間くらい離れていた気がした。

一日しか空けていなかった家だけれど、帰り着いた時はなんとも懐かしかった。

~Home Sweet Home~ という言葉が頭に浮かんだhappy01

« 夫の救出のためカリフォルニアへー6~もうすぐで終わりなのに、、、 | トップページ | あきらめないで自信を持って! »

2010年3月 カルフォルニアへ夫を迎いに」カテゴリの記事

コメント

色々と大変だったのですね、、。お疲れ様でした。
ご主人には申し訳ありませんが、ファーストクラスに乗れてよかったですね。
問い合わせ係、、、皆さん何気にのんびりなんですね?
もっとすぐに苦情とか言うのかと思いました、、。

ご主人様どうぞお大事に。

たびたびすみません!
GraceKさんのブログ、リンクさせていただきますが大丈夫ですよね?!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326032/33810587

この記事へのトラックバック一覧です: 夫救出のためカリフォルニアへ7~旅は最後までドタバタ:

« 夫の救出のためカリフォルニアへー6~もうすぐで終わりなのに、、、 | トップページ | あきらめないで自信を持って! »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ユーザー

  • ユーザー

inochi

  • inochi
    クリックで救える命がある。

counter

  • カウンター by  HomePage Counter
無料ブログはココログ